アプリでサクサク読む♡

とうふで、グラノーラ。

グラノーラと豆腐の革命児が夢のコラボ!「とうふで、グラノーラ。」2016年3月11 日より、マルエツにて先行売開始!

この商品は、企業や学校での朝食提供や、グラノーラの和風の食べ方を広めようと朝食茶屋を展開するなど、 第三の朝食として注目されているシリアルブランド No.1※のカルビー『フルグラ』と、これまでの豆腐のイメージを一新 する『ザクとうふ』などの革命的な豆腐で急成長している相模屋食料がコラボレーションした、朝専用のお豆腐です。 発売元は、相模屋食料株式会社(本社:群馬県前橋市 代表取締役社長:鳥越淳司)です。

とうふで、グラノーラ。

お豆腐とのコラボでフルグラの新たな可能性

カルビーフルグラ事業部課長網干さんは「私はもともとヘルシーなイメージのあるお豆腐が好きで、『フルグラ』とお豆腐 のメニューを提案してきました。しかし、朝食で手の込んだメニューは毎日続けにくいこともあり、もっと手軽に『フルグラ』と お豆腐を食べられないかと考えていたところ、コラボレーションの機会をいただきました。朝食として食べやすく、『フルグラ』 に合うお豆腐を開発いただき朝にぴったりの商品ができました。また、今回のコラボレーションで『フルグラ』がお豆腐売場 でも手にとっていただけることで、今まで『フルグラ』を知らなかった方にも手にとっていただけるのではと考えています」とコメ ントしています。

 

豆腐を朝の食卓へ

相模屋食料株式会社代表取締役社長鳥越淳司さんは「実は私たちも、ターゲットを 20 代 30 代女性、食シー ンを朝食にしたナチュラルとうふの新シリーズを発売したいと考え、『第三の朝食フルグラ』とのコラボレーションにいたりまし た。朝食というのは、おとうふではありそうでない食シーンで私たち豆腐メーカーにとってはある意味ブルーオーシャンな市 場です。ここでヨーグルト感覚でおとうふを食べていただければ、新しいスタイルが生まれるのではと考えていました。今回 コラボレーションしたおとうふは、おぼろとうふのような存在感のある食感を表現し、濃厚な豆乳を加えることで『フルグラ』 と一緒に食べていただいたときに、ヘルシー感が体感できるように仕立てています。(※インテージ SRI データ:シリアル 2015 年 1 月~12 月売上金額)

 

「グラノーラ×豆腐」はロカボ食としてもバッチリ

ロカボ食の提唱者である山田悟先生は「これまでダイエットや糖尿病に対する治療食の主流はカロリー制限で した。しかし、私は新しい食事法『ロカボ』をおすすめしています。『ロカボ食』とは、1 回の食事で摂る糖質を 20 ~40g にするような緩やかな糖質制限食のことです。糖質が多い米、小麦、麺類、大豆以外の豆類、芋類、 果物、菓子を抑え、糖質が少ない肉、魚、大豆、芋類以外の野菜と、血糖値上昇を抑制する食物繊維を多く 含む食材を積極的に摂ることをおすすめしています。その点で、グラノーラと大豆の加工食品である豆腐の組合 せはバッチリといえます。グラノーラは 1 食 50g 分で糖質量 31.6g、豆腐 200g と合わせても 35g とロカボの 基準内であり、食物繊維も 4.5g と豊富に含まれています」とコメントしています。

 

<商品概要>

商品名:とうふで、グラノーラ。
JANコード:4974168101267
内容量:フルグラ50g/豆乳たっぷりナチュラルとうふ~朧style 210g
エネルギー:フルグラ(50g):221Kcal
豆乳たっぷりナチュラルとうふ~朧 style(210g):212Kcal
販売エリア:関東エリア
販売価格:税込 298円
発売元:相模屋食料株式会社
お客様お問い合わせ先:相模屋食料株式会社フリーダイヤル 0120-710276

「フルグラ」に関する情報は、カルビー・ホームページでもお知らせしています。
http://www.calbee.co.jp /cereal/

相模屋食料・ホームページ
http://sagamiya-kk.co.jp/natural/
「とうふで、グラノーラ。」の情報は、今後ナチュラルとうふの特設サイトで公開予定です。

                 

 ランキング