アプリでサクサク読む♡

官能小説

【官能小説】触れられると感じちゃう…!イケメンエリートな彼に翻弄されっぱなしの私 -第3話-

 

第1話

第2話

 

「んぁぁ……。うふぅ……。はぁん……」

規則的に振動するバイブが、膣内を刺激する。だけど、なにか物足りなさを感じていた。

「柔らかいな。朋花の胸を、ずっと揉んでいたい……」

大きく乳房を撫で回しながら、渉さんは反り立った肉棒を下腹に擦りつける。そのたびに、粘り気のある液体が肌に塗られていった。

「んふぅ……。渉さん、もうじらさないで……」

「じらす? 朋花は、なにが欲しいんだ?」

乳房の先端をつまみながら、彼は私を見つめた。

「渉さんってば……。分かってるくせに。んふぅ……」

指の腹で先端を撫でつけられ、体をよじった。

「言えよ、朋花。じゃないと、バイブを抜かないぞ?」

さらに屹立を擦りつける渉さんは、私をよりもどかしい気持ちにさせていく。溢れる蜜を感じながら、堪らず言葉にした。

「渉さんのものが欲しいの。お願い……。だから、じらさないでぇ……」

それでも、バイブの振動に感じている自分に羞恥心でいっぱいになる。恍惚とする私に、渉さんは満足げな笑みを浮かべた。

「いい子だな。じゃあ、挿れてやるよ」            

と、次の瞬間にはバイブが抜かれる。スイッチを切られたそれは、ベッド下に放り投げられた。そして、蜜でとろとろの膣内に、彼の屹立が押入れられる。バイブより一回り以上長く太い彼のモノに突かれ、体が跳ね上がった。

「んはぁ……。っくう……。んふぅ……」

今夜の渉さんは、メガネを外さない。その分、しっかり見られているようで、恥ずかしくもあり、快感でもあった。

「朋花の膣内(なか)が、昼間よりずっと締まってる。それに、こんなに甘い汁を溢れさせて……」

彼は腰を激しく打ち付けながら、両手で乳房をまさぐるように揉みしだく。太ももがぶつかり合う音が、部屋に響いていた。

「あんぅ……。あんまり、見ないでぇ。恥ずかしい……」

子宮の奥深くを突かれるたび、私の腰も浮き上がる。蜜で濡れたシーツの冷たい感触を覚えながら、彼の下でひたすら喘ぎ声を上げた。

「そのお願いは聞けないな。いっぱい見させてもらう。朋花は、俺だけのものだから」

腰を振りながら、渉さんは耳元でそう囁く。彼の呼吸は、だいぶ荒くなっていた。

「んふぅ……。はぁ……。はぁ……。あぁん……」

「んっ……。ああ、もうイキそう。朋花の膣内(なか)は、最高だ」

少し汗ばんでいる渉さんは唇を硬く結び、ひたすら腰を打ち付けてきた。

「あふぅん……! はぁん……。んくぅ……」

 揺れる乳房を揉みしだかれながら、彼のすべての欲望が私の中に放たれた。

 

「朋花、これで安心したか?」

「え? どういうこと?」

セックスのあと、ベッドの中でその余韻に浸っていると、渉さんが不意に聞いてきた。

「水城さんのことを、知っていたんだろ?」

「な、なんで、それを⁉」

「松下さんに見られたから。たぶん、朋花に話しただろうなと思って」

渉さんは私の髪を撫でながら、小さく微笑んだ。メガネ姿の彼も素敵だけれど、外した彼もカッコイイ。涼しげな眼差しに見つめられ、心はときめいた。

「渉さん、見抜いてたのね」

「ああ。でも、心配になる必要はない。こんな風に俺が抱きたい女性は、お前だけだから」

唇にキスを落とした渉さんに、私はふふっと笑った。

「それを言うなら私も。あんな姿を見せられるのは、渉さんだけだから」

「あんな姿って、どんな姿?」

「えっ⁉ そ、それは……」

イジワルな彼の言葉に、どきまぎしてしまう。口ごもっていると、渉さんにクックと笑われた。

「言って。どの姿を、俺だけに見せてくれるんだ?」

「全部よ。今夜の姿、全部」

恥ずかしくて、誤魔化すように答えたけれど、渉さんは引かなかった。

「嘘つくな。ほら、言えって。どの朋花を、俺だけに見せる?」

彼は至近距離に顔を近づけ、私に返事を求める。根負けした私は、小さな声で呟いた。

「オナニーみたいな姿……」

「俺はまた見たいから、やって」

「も、もう! しばらく勘弁してほしい……」

顔を赤らめながら抗議をすると、さらに笑われてしまった──。

 

<つづく>

 

次回は3月20日(水)20時に更新!

渉と甘くてイヤらしい夜を過ごした朋花。明日はどうなっちゃうの!?

 

 

                 

 ランキング