アプリでサクサク読む♡

官能小説

【官能小説】触れられると感じちゃう…!イケメンエリートな彼に翻弄されっぱなしの私 -第5話-

 

第1話

第2話

第3話

第4話

 

「やっぱり、佐藤課長は雲の上の人だったね。私なんて、告ってもないのに玉砕よ」

昼休憩が終わってから、ずっと落ち込んでいた弥生は、退社間際に大きなため息をついた。そんな彼女に、小さく笑みを向ける。

「そうだね。水城さんは、まだ諦めきれない雰囲気だったけど」

「身の程知らずよ。今日の課長の態度で、よく分かった。私たちは、迷惑に思われてるって」

 もう一度ため息をついた弥生は、力無く立ち上がり「お疲れ様」と言ってオフィスを出た。私も、そろそろ帰ろうか。渉さんのデスクに目を向けると、彼の姿はない。ノートパソコンが閉じられているところを見ると、もう退社したようだ。

「いつの間に……」

同棲しているとはいえ、渉さんとは通勤を別々にしている。彼がどのタイミングで帰るかは、まったく把握していなかった。

今日は仕事が片付いているし、私も帰ろう。パソコンを落とすと、周りに挨拶をしてオフィスをあとにした。

エレベーターを降り、一階ロビーに着いたところで背後から腕を掴まれる。驚く間も無く、非常扉の向こうへ引っ張られた。

「朋花、お疲れ」

「わ、渉さん⁉ なんて大胆な……」

誰かに見られたら、どうするつもりなのだろう。それに、私が来るまでここへ潜んでいたのか……。

「昼の続きだよ。朋花なら、この時間に降りてくるだろうと思って、途中から非常階段を降りてきたんだよ」

「つ、続きなら、家でしようよ……」

いくらここは人が利用しないとはいえ、絶対ではない。それに、扉から離れていても大きな声を出せば漏れてしまう。

二人で声を潜めていると、渉さんは私を抱きしめ、手をショーツに当ててきた。

「ほら、やっぱり湿ってる。あのとき、感じてたんだろう?」

「渉さんが、あんな場所で触れてくるから……」

指を割れ目に沿わされ、息が上がってくる。

「触れたっていっても、太ももだけだろ? それなのに、こんな風に甘い液を漏らすのか?」

「んふぁ……。だ、だめよ、渉さん。それ以上は……」

「だめ? こんなに濡れてるのに……」

ショーツ越しに指を蜜口に入れられ、体がぴくんと跳ねる。

「んくぅ……。だめ……」

くちゅと蜜が音を立てる。ショーツは濡れて冷たくなり、渉さんの指は秘部の入り口を掻き混ぜていた。

「仕方ない。じゃあ、諦めるか。たしかにここだと、朋花が声を出せないもんな」

渉さんは、素直に私から離れる。ホッとしたと同時に、心は彼に抱かれたい気持ちでいっぱいだった。ショーツが濡れたまま歩くのは気持ち悪いけれど、仕方ない。

「じゃあ、渉さんが先に出て。私はあとから出るから」

「ああ、分かった……って、俺が言うと思う?」

「え?」

腕を引っ張られると、強引に壁に手をつかされた。そして、スカートをまくし上げられる。

「わ、渉さん?」

「声、あまり出すなよ。朋花の顔が残念がってたから、やっぱり抱くことにする」

ストッキングとショーツをずり下ろした彼は、しゃがみこみ私の蜜口に舌を這わせる。そして溢れ出す蜜を吸い始めた。

「んっ……。んぁ……」

声を抑えようとしても、どうしても出てしまう。手で口元を覆いながら、彼の愛撫を感じていた。

「帰ったら、もっとゆっくりするから。もう挿れるぞ」

ベルトを外した渉さんは、ズボンを下ろし反り立つ肉棒を秘部に押し入れる。

「はぁん……。んふぅ……。くぅ……」

お尻を突き出している自分が恥ずかしい。だけど、彼の腰の動きが快感過ぎて抵抗することはできなかった。

「相変わらず締まりがいいな。朋花も、本当はこういうシチュエーションでセックスするのが、好きなんだろう?」

「んぁ……。もう、恥ずかしいこと言わないでぇ……」

彼の言うとおり、こんな場所で……というセックスに感じているのは間違いない。だからこそ今も、足を伝うほどの蜜が溢れているのだ。

「恥ずかしがるお前を見るのが好きなんだよ」

耳元で囁くように言った渉さんは、私のお尻を両手で掴むと、押し上げるように揉んでいく。そして、乳房が揺れるほどに腰の動きを速くした。

「はぁ……。はぁ……。んぅ……」

壁に手を付き髪を乱しながら、彼の屹立を子宮奥深くに感じる。彼の硬く太い棒が痛いほどに私の膣内を突き上げて、その欲望を満たしていった──。

 

<つづく>

 

次回は3月22日(金)20時に更新!

明日も絶対に見逃さないでくださいね♡

 

 

                 

 ランキング