アプリでサクサク読む♡

彼氏|風邪|LINE

彼氏が風邪を引いた時はこんなLINEを!弱っている彼に響くとっておきのLINEとは♡

彼が風邪を引いた時のLINEのポイント

まずは心配していることを伝える

彼氏|風邪|LINE

 

基本中の基本ですが、まずは「大丈夫?」と心配していることを伝えましょう。

 

彼を前向きにしようと「そのくらい大丈夫だよ!」なんて言葉をかけたくなる人もいるかもしれませんが、辛い時に読むと嫌な気持ちになることもあるので気を付けましょう。

 

弱っている時は人に優しくしてもらいたくなるもの。とことん甘やかしてあげることが大切です。

 

できることを聞く

彼氏|風邪|LINE

 

「何かできることある?」「家事手伝いに行こうか?」と、彼のためにできることを提案する姿勢は高ポイント!

 

特に彼が一人暮らしなのであれば、何か食べたいと思っても買いに行く元気がないなど、生活に困ることがあります。

 

勝手に押し掛けると迷惑な場合もあるので、できれば彼に了解をとっていろいろとお手伝いをしてあげるようにしましょう。

 

 

症状に効くものを教える

彼氏|風邪|LINE

 

「風邪には○○が効くらしいよ!」と、症状を和らげる食べ物などを調べて伝えてあげることで、心配している様子が伝わりやすくなります。

 

自分のために調べてくれたんだという事実が、彼の心を温めるんです♡

 

そこで、「○○が効くらしいんだけど持って行こうか?」と提案するのもアリですね!

 

治ったあとの楽しみを作る

彼氏|風邪|LINE

 

風邪を引いている時は、気持ちも弱りがち。そんな彼のテンションを上げるために「治ったら○○しに行こうね♪」と、治った後の楽しみな予定を提案してみましょう。

 

そうすることで、彼のモチベーションがグッと上がり、風邪を治すための気力も湧いてくるんです!

 

体調を崩している期間は会えないことも多いので、「早く治して会おうね」と会いたい気持ちを伝えることも、彼を元気づけるポイントですよ♡

 

 

返信はいらないと伝える

彼氏|風邪|LINE

 

体調を崩して辛い時は、携帯の画面を見たり、返信の内容を考えたりといった行動すらきついこともあります。

 

彼が辛そうな様子であれば、励ましLINEの最後に「返信は要らないからね」と一言添えておきましょう。

 

その一言であなたの気遣いが大いに伝わりますよ!

 

あなたのLINEで元気に♡

 

直接お世話できるのが1番なのですが、そうできない時だってありますよね。

 

そんな時でも、文章で気持ちはきちんと伝わるんです。

 

彼を気遣うLINEを送って、彼の風邪を追い払っちゃいましょう!

 

                 

 ランキング