アプリでサクサク読む♡

虚言壁

すぐにちょっとした嘘をついちゃう…トラブルの元になる虚言癖を治すため心がけとは?

ついうっかり嘘をつくことが癖になってしまってはいませんか?

                                    

多くの人が嘘で損をしたり、後悔したり、面倒なことになった経験があるはずです。

                                                                                                                       

今回は、そんな虚言癖を改善するための心がけを紹介します。

 

虚言癖を治す方法

自分の虚言を意識する

虚言壁

 

虚言癖のある人は、必要のない時でも、嘘をつくという行為が癖になってしまっています。

 

そのため、「自分は嘘をついている」という自覚がない人も多いようです。

 

まずは、言ってしまった嘘に対して、自分は嘘をつく癖があるんだと自覚することが大事な1歩です。

 

本音を話せる人を作る

虚言壁

 

家族や友達、恋人や職場の仲間など、誰でもいいので自分の本心を話せそうな人と話をする機会を増やしてみてください。

                                                                                         

そうやって慣れていけば、少しずつ本心を出すことに抵抗がなくなり、嘘をつく回数が減っていきます。

 

リスクを考える

虚言壁

 

嘘をついてバレたことで余計に怒られてしまったり、最悪の場合、相手からの信頼・信用を失ったりしてしまいます。

 

嘘には大きなリスクがあるため、そのリスクを事前に考えるようにすれば、自然と嘘をつくことに嫌気がさしてくるんです。

 

「早めに謝っていれば傷は浅く済んだのに」と後悔するくらいなら、嘘をつく前にもう少し考えを巡らせるようにしましょう。

 

 

見抜かれていると考える

虚言壁

 

虚言癖の人に多いのが、嘘が見抜かれていると気付いていないこと。

 

常習的に嘘をつく人は周囲からも「また始まったな」ぐらいに思われていることでしょう。

 

嘘というのは見抜かれてしまうもの。それに気づけば安易に嘘はつけなくなるはずです!

 

自信をつける

虚言壁

 

自分に自信がないのが原因で、どうしても自慢話にしたくて話を盛ってしまうことで虚言癖に陥る人も多くいます。

 

まずはネガティブな思い込みを無くし、あまり他人と比べないことが重要です。得意なことをもっと磨いたりして自信をつけるのもいいでしょう。

 

等身大の自分で勝負!

 

嘘には悪いものだけではありませんが、嘘をつかない人生が一番!

 

素直に過ごすのはとても気楽で、人付き合いも信頼関係が生まれやすいはずですよ。

 

                 

 ランキング