アプリでサクサク読む♡

髪の乾燥に困っていませんか?原因と対策まとめ

考えられる乾燥の原因 

冬は髪は乾燥している

width='399'

冬場など寒い季節になると、乾燥して喉が痛くなったりしますよね?髪も同じ状況です。冷たい外気に触れた後に暖かい室内に入ると、その温度差が髪を傷める原因にもなりますよ。特に冬は髪が乾燥する時期なのです。

 

シャンプーは泡立てている?

width='399'

シャンプーをしっかり泡立てて洗わないと、髪の毛がこすり合う状態になり、キューティクルがはがれてしまうかも。キューティクルを傷めると、そこから毛髪の栄養素や水分が抜け出て、乾燥の原因になるのです。

 

ごしごしふいていない?

 

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いていてダメージを受けやすい状態。そこをタオルでごしごし強くふいてしまうと、髪の毛がこすり合ってキューティクルが傷ついてしまいます。まとめてギュっと絞るのもNG。

 

ドライヤーやアイロンをあてすぎていない?

width='399'

濡れたままの髪の毛は傷みやすいですが、ドライヤーやアイロンをかけ過ぎてはダメですよ。髪に必要な水分まで飛ばし過ぎてしまうからです。またキューティクルは熱に弱いので、長時間熱をあてるのは禁物。

 

自然乾燥させていない?

width='399'

熱でキューティクルを傷めないようにとドライヤーなどを使わず自然乾燥、と行きたいところですがこれもNGです。濡れている状態が最も髪がダメージを受けやすく、濡れたままで寝るなんてもってのほかですよ。

 

栄養不足や血行不良

width='399'

ケアをしっかり行っているのに乾燥する方は、栄養不足か血行不良が原因かもしれません。髪の毛も体の一部。栄養状態が悪かったり、血の巡りが良くないと、髪の毛の乾燥に繋がる場合があります。

 

髪の毛の乾燥対策

加湿器で髪にも潤いを

width='399'

乾燥する冬場はぜひ加湿器を活用しましょう。インフルエンザ対策や、肌の乾燥予防のために加湿器を使っているという人も少なくないと思います。加湿器は乾燥した髪にも効果がありますよ。

 

シャンプーする際は泡で洗う

width='399'

髪の毛がこすれないよう、しっかりと泡立ててから洗髪します。髪の毛をとかしておくと絡まらずに洗えますよ。シャンプーのし過ぎは必要な皮脂まで落としてしまうので、汚れが気になる時はしっかりすすぎましょう。

 

タオルドライは優しく

width='399'

キューティクルを傷めないように、優しくタオルドライすることが大切。頭皮をタオルで包み、揉み込むように水分を取ってください。その後頭皮から髪の先にかけて、タオルで挟むようにしながら水分を取ります。

 

ドライヤーは乾く一歩手前で

width='399'

髪の根元にあてる感じでドライヤーを使って乾かしていきましょう。髪の毛に熱が伝わり過ぎないよう、ドライヤーは20cm以上離すことが鉄則ですよ。少し水気が残る程度、完全に乾かさないくらいがベストです。

 

トリートメントを活用

width='399'

ドライヤーで水分を飛ばし過ぎないために、乾かす前に洗い流し不要のトリートメントを使うことも効果的です。保湿効果がありオイル成分でコーティングしてくれるので、水分が失われにくくなりますよ。

 

髪を元気にする食べ物

width='399'

栄養バランスのとれた食事は髪にも大切。食事に油脂が足りないと、髪の毛の乾燥にも影響してきます。不飽和脂肪酸を多く含んだマグロやイワシ、ごま油やオリーブオイルなどの植物性油脂をとるように心がけましょう。

 

いかがでしたか?

髪の毛の乾燥の原因から対策までをご紹介しました。スキンケアと同じように、髪の毛も毎日のケアが大切です。

 

髪の毛が元気で潤っていると、色々なヘアスタイルにチャレンジできますし、毎日のセットもスムーズにいきますよ。髪の毛の乾燥対策をしっかり行って、美髪を保ちましょう!

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

くせ毛さん必見!くせ毛に効果が期待できるシャンプーとケア法 545

パサついて広がる髪をなんとかしたい!原因とその対策方法 3250

髪美人にはもはや常識!ヘアオイルの効果と正しい使い方♡ 4713

あ、枝毛!!そんな時の正しい処理方法を知っていますか? 2048

めざせ美人髪!サロン帰りのサラツヤな髪の毛を手に入れる方法 2765

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集