妊娠しやすいよう体内環境

妊婦に必要な黄体ホルモン!"妊娠しやすいよう体内環境"を整える食べものとは?

妊娠しやすいよう体内環境 を作るには、黄体ホルモンがとっても重要と言われています。順調な整理や妊娠や出産には黄体ホルモンのが大切なのです。今回は、黄体ホルモンを不足させないために、食事で補う方法について解説します。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

妊娠には必要不可欠な卵胞ホルモン&黄体ホルモン

卵胞ホルモンは女性らしい体つきを作る役割を担い、黄体ホルモンは受精卵を子宮内膜へ着床させる働きや、妊娠しやすいよう体内環境を整える役割を果たしています。

 

黄体ホルモンを増やす食べ物とは?

妊娠しやすいよう体内環境出典:weheartit.com

不足した黄体ホルモンを補うには、ビタミンEを多く含む食べ物が効果的。ビタミンEには老化の防止、血流の改善、女性ホルモンの分泌や生成を補助してくれる役割があります。

別名:子宝ホルモン

また黄体ホルモンは妊娠しやすい環境を整えて 、流産を防止するので別名「子宝ホルモン」とも言われています。

 

ビタミンEが豊富な食べ物

妊娠しやすいよう体内環境出典:weheartit.com

・アーモンド
・落花生などのナッツ類
・かぼちゃ
・アボカド
・ホウレンソウ
・小松菜
・コーン油、ひまわり油などの油脂類
・あゆやはまちなどの魚介類
・卵
・納豆

 

積極的に摂取しよう♪

妊娠しやすいよう体内環境出典:br.pinterest.com

薬と違って副作用がないことから、積極的に摂取を促す医療機関もあるそうです。ビタミンEと一緒にビタミンC(じゃがいも、キャベツ、パプリカ、カリフラワー、ほうれん草、いちご、キウイフルーツ、オレンジ、パイナップル)を一緒に摂取することで抗酸化作用がさらにアップするので是非、併せて一緒に摂取したいですね。


投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント