アプリでサクサク読む♡

低体温注意報!ダイエット不成功は体温に原因が?!体温アップで痩せやすいカラダ作り♪ 

体温が下がると身体にこんなダメージがおこる!

出典:jp.pinterest.com

 

私たち人間の体温というものは、一定に保たれているのが通常です。体温が上昇した場合は、発汗という機能が働いて体温が下がります。逆に、体温が低下すると、身体がガチガチと震えたりすることによって体温が上がるメカニズムになっています。

 

一般的に、一年中36.5度の体温が美と健康をキープしてくれると言われていますが、体温調整といったメカニズムが安定せず、体温が1℃でも下がってしまうと身体の様々な機能低下がおきてしまいます。たった1℃の体温低下で起こり得る機能低下とは、次の通りです。

 

・免疫力が40%低下

・基礎代謝が12%低下

・酵素の働きが50%低下

 

この大きな3つの機能低下だけでも、美と健康に大きな影響があることが分かりますね。また、人間の平熱は36℃~37℃と言われていますが、昨今では老若男女問わず35℃台の人が増加傾向にあります。35℃台または、それ以下の状態が低体温と言われており、低体温によるダメージも次のように出てきてしまいます。

 

・冷え症

・太りやすくなる

・肩凝りがひどくなる

・疲れやすくなる

・病気になりやすくなる

・不妊原因になる

・細胞の減少

 

女性に多い冷え性、現代病ともいえる肩凝りや慢性疲労、昨今の不妊率、肥満による現代病増加など、もしかすると低体温が根本的な原因かもしれません。いくらダイエットしても痩せない!という悩みも、低体温に起因しているかもしれませんよ。

 

体温をアップはメリットだらけ!

出典:jp.pinterest.com

 

低体温は、美と健康を損なう原因です。では、体温アップによって、どんなメリットがあるのかご紹介しましょう。まず、体温が下がることで低下した機能(免疫力・基礎代謝・酵素の働き)が向上します。

 

その結果として、病気にかかりにくくなる・痩せやすい身体になる・疲れにくくなる・ストレスに強くなる・血行が良くなり冷えが改善する・細胞が若返ることでアンチエイジング効果をもたらす・腸の働きが活発化して便秘解消や大腸がん予防など、様々なメリットがもたらされます。

 

特に女性に嬉しい効果は、痩せやすい身体になること&細胞レベルでのアンチエイジングが可能といったところですね。では、どうしたら体温がアップしていくか、メソッドをご紹介していきます。

 

体温をアップさせるメソッド!

出典:jp.pinterest.com

 

低体温からの脱出には、温活が一番です。次のことを実践して体温アップに努めましょう。

 

冷たい飲み物や食べ物は控える

内臓機能低下をさせる冷たい物は控えましょう。暑いときでも、なるべく常温に近い温度の飲み物を摂取し、サラダや体を冷やす果物はできるだけ避けましょう。野菜でも、水分を多く含んだ夏野菜(ナス・キュウリなど)は控えるのが賢明です。逆に、身体を温める効果がある根菜等を多く摂るように心がけましょう。

 

お菓子・レトルト食品は控える

食品添加物が使用された食物の摂取は、血液循環を悪化させてしまいますので、なるべく避けましょう。

 

カフェインを控える

交感神経を興奮状態にして優位にさせてしまうカフェインは、血流悪化となります。血流アップを促してくれる副交感神経がリラックスできるようにしましょう。

 

半身浴・足湯をする

身体を芯から温めてくれる半身浴・足湯は内臓機能、代謝機能がアップします。また、リラクゼーション効果によって副交感神経優位になり、血流アップで体温もアップしていきます。

 

良質睡眠を確保する

睡眠をしっかり取って、自律神経のバランスを整えましょう。睡眠は、副交感神経優位にする絶好の時間です。また、睡眠でストレスから解放されることで副交感神経がリラックスモードになります。

 

ストレッチをする

血流改善・リンパの流れを良くしてくれるストレッチは、非常に効果的です。特に、鼠径部(そけいぶ)のリンパの血流改善が効果的と言われているので、股関節にアプローチするストレッチを実践しましょう。あぐらをかいて、両足の裏同士をくっつけるだけでもOKです。

 

1日30分歩く

低体温の原因は、筋肉量の低下にもあると言われています。1日30分、無理なら1日15分を2度に分けてウォーキングしましょう。少しの移動でも車などに頼らず歩くことでも、立派なウォーキングになります。

 

朝起きてすぐ白湯(さゆ/一度沸かして少し冷ました水)を飲む

朝起きてすぐは、体温が一番低い時です。冷たい水ではなく、白湯を飲みましょう。身体がゆっくりと覚醒していき、腸内の老廃物を排出する効果もあるとされるインドのアーユルヴェーダにのっとったこの健康法は、デトックス効果・ダイエット効果もあるとして、今注目をされている1つです。

 

GABA含有食品を摂取する

ストレス緩和効果があると言われるGABAを摂取することで、ストレスによる体温低下を防ぐことができます。GABAは、玄米・かぼちゃ・じゃがいも・トマトなどの食物に含まれていますし、GABA含有のサプリメントなども効果的です。

 

水素水を飲む

体温を上げるには、ミトコンドリアでアデノシン三リン酸(ATP)を多く作る必要があると言われています。この時に必要となるのが、水素ということが分かってきています。活性酸素を取り除いてくれる水素水は、エイジングケア効果もあるとして大人気です。

 

体温をアップさせながらアンチエイジングも狙え、Wのキレイをサポートしてくれる水素水。最近はコンビニなどでも手軽に買えるので、普通のお水を飲むなら水素水に切り替えるのも良いですよ。

 

いかがでしたでしょうか。毎日の体重管理だけではなく、体温も測定して自分の体を管理していくことも美と健康の秘訣です。ダイエットよりも、まずは体温の管理をして痩せやすいカラダ作りを目指せば、自ずとキレイになっていくはずですよ。ぜひ今日から体温管理も始めてくださいね♪

 

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

暑い夏にはピッタリ!脂肪が燃えまくる水風呂ダイエット♪ 3031

ペタペタペタッと貼るだけの絆創膏ダイエットで-5キロも!今すぐ始めたい♡ 18304

太もも・ふくらはぎの脚痩せ!夏までの短期間で細くする攻略ポイント 82056

少食でも太る!?間違ったダイエットのやり方 6098

ビールダイエットでどんどん痩せた!嘘のような報告がたくさん♪ 2563

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集