今日の晩御飯は生パスタ風に仕上げる"水漬けパスタ"でモチモチ感をプラス♪

専門店で頂く生パスタってモチモチした食感で自宅で再現するには、難しいと思われがち。でもパスタに一手間加えるだけでモチモチした食感のパスタにできることをご存知でしょうか?その方法とは市販のパスタを水に漬けるだけの"水漬けパスタ"(すいすいパスタ)という方法。ぜひモチモチ食感を試してみて!

水漬けパスタ(すいすいパスタ)は2013年10月9日放送のNHKの「試してガッテン」にて放送されて人気に火がついたそうです。

 

テレビでも紹介された水漬けパスタの作り方

水漬けパスタ出典:instagram.com

①パスタを水に2時間ほど漬けおきます

②2時間ほど水に漬けたあと、沸騰したお湯にオリーブオイルを垂らす

③沸騰したお湯に水漬けしたパスタを入れて、1分茹でる。

これでもちもちした水漬けパスタの完成です。注意してほしいのは、水に漬ける時間。2時間と記載していますが、水に漬けたのを忘れたまま放置してしまうと、水分を吸いすぎてしまい、パスタが崩れやすくなるので注意してください。

水を漬けるとパスタは白くなる

水漬けパスタ出典:instagram.com

水に漬けていたら、パスタが黄色から白く変色してしまった…これは失敗ではないので問題ありません。お湯に入れて茹でると色はまた黄色に戻るのでご安心を。

水に漬ける時間の目安はこちら

パスタといえど、種類は様々。水に漬けておく時間は麺の太さによって調節してしてみてください。

1.4mm → 60分
1.7mm → 90分
1.9mm → 120分

引用:chubo-danshi.net

オリーブオイルで"つるん"とした舌触りに!

水漬けパスタ出典:instagram.com

水漬けパスタをおこなうと、本来パスタを食べた時「つるん」とした肌触りが失われてしまいます。それを補うためにオリーブオイルを茹でる時に足すことで「つるん」とした滑らかさを補ってくれます。

 

2時間も待てない!という方はお湯漬けにしてみて!

水漬けパスタ出典:ameblo.jp

家に帰ってきて、お腹ペコペコなのに2時間も待てない方は、水をお湯に替えてお湯漬けパスタにしてみましょう。手順は下記のとおり。

①お湯を沸騰させたら火を切る。

②沸騰したお湯に15-20分程度、乾燥パスタを投入してください。

③その後、そのまま火にかけて1分間茹でます。

出来上がりは水漬けパスタと同じような食感になりますので、時間がない方にはとってもオススメ。

 

 

もちろんペンネでもOK

水漬けパスタ出典:instagram.com

 

冷凍保存してもモチモチ感は失われない!

水漬けパスタ出典:chubo-danshi.ne

手順通りに水につけたら、水を切ってラップにくるんで冷凍庫に入れるだけ。使う時も基本的には同じですが、お湯の温度が下がるため、茹で時間を+30秒ほど足せばOKです。まとめて水につけておけば食べたい時に冷凍庫から取り出して食べれるのが嬉しいですね。

 

いつものパスタソースで合わせて完成!

水漬けパスタ出典:instagram.com

もちろんトマトソース、カルボナーラ、ペペロンチーノ、ナポリタンなど様々なソースとも相性が良く、モチモチ食感が楽しめるそうなので、ぜひ試してみてくださいね!


投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント