アプリでサクサク読む♡

肩こり解消&基礎代謝アップも!肩甲骨はがしで全身痩せが叶う♪

「肩甲骨はがし」とは?

肩甲骨はがし出典:http://favim.com

 

「肩甲骨はがし」は、凝り固まった肩甲骨をほぐすストレッチのことで、肩甲骨を大きく動かすことによって、肩甲骨回りの筋肉をはがす、というイメージです。

 

肩こり解消に

肩甲骨はがし|肩こり解消出典:http://weheartit.com

 

日本人には多い肩こりですが、それがいつまでも続き慢性化してしまうと、頭痛、眼精疲労、めまい、冷え性などを引き起こすことになります。さらに重篤化すると、自律神経にも支障をきたし、鬱にもつながりかねません。そうなる前に、「肩甲骨はがし」を始めましょう。「肩甲骨はがし」で肩の筋肉の深い部分をほぐすことで、血行も良くなり、肩こりを改善できるのです。

 

基礎代謝が上がる

肩甲骨はがし|基礎代謝UP出典:https://www.instagram.com

 

肩甲骨の周りには「褐色脂肪細胞」という細胞があります。肩甲骨を動かすことで、この細胞が刺激されて代謝が上がり、脂肪の燃焼を促進するので、痩せやすい体になります。

 

また、代謝が上がるということは、肌の生まれ変わりも早くなり、美肌につながる、というのです。肩こりを改善し、苦しいエクササイズなしでダイエット効果が期待でき、さらに美肌効果もあるなんて、一石三鳥ですよね。

 

肩甲骨の状態をチェック

肩甲骨はがし|状態チェック出典:https://www.instagram.com

 

まず、自分の肩甲骨はどんな状態なのか、チェックしましょう。

①壁に背中をつけて立ちます。

 

②片腕を、肩の高さで真横にまっすぐ伸ばします。

 

③そのまま、痛みを感じない範囲まで、ゆっくりと壁伝いに腕を上げていきます。このとき、腕を曲げたり、壁から離さないようにしましょう。

 

④腕の上がった角度で、肩甲骨周りの状態をチェックできます。

 

 

・60度~90度・・・問題ありません
・45度~60度・・・やや硬いです
・0度~45度・・・ガチガチの状態です

 

もちろん、上の写真のように背中で両手を合わせられるのなら、肩甲骨周りに問題はありません。

 

テレビ番組でも話題に

 

テレビ番組「世界一受けたい授業」の中で、気象予報士の木原実さんが、「肩甲骨はがし」を10日間行いました。すると、挑戦する前は10度程しか上がらなかった腕が、なんと50度以上上がるようになったのです。ご本人は、肩こりが楽になった、とおっしゃっていました。

 

「肩甲骨はがし」のやり方

肩甲骨はがし|実践方法出典:https://www.instagram.com

 

この「肩甲骨はがし」ですが、「肩甲骨ストレッチ」と一括りにされることが多く、その方法も様々で、ストレッチポールを使ったり、第三者にやってもらったりするものもあるのですが、ここでは、道具を用いず、セルフでできる方法を紹介していきます。

 

肩甲骨を寄せる

肩甲骨はがし|肩甲骨寄せ出典:https://www.instagram.com

 

①ひじを曲げ、肩とひじが水平になるように上げます。手は胸の前で握る感じです。

 

②肩甲骨を上げ、肩全体を後ろに回しながら下ろします。5秒かけてゆっくりと回しましょう。肩甲骨に付いた筋肉をはがすイメージで、ぐぐっと上から下に筋肉を絞り込みます。

 

③終わったらリラックスします。これを3回繰り返しましょう。

 

雑巾がけストレッチ

肩甲骨はがし|雑巾がけストレッチ出典:https://www.instagram.com

 

①四つん這いになり、片方の腕を、背中と水平になるよう前に伸ばします。手のひらは下に向け、指先を前に伸ばしましょう。

 

②できるだけ遠くを雑巾で拭くイメージで、5秒かけて、ゆっくり腕を回します。片腕で平泳ぎをするような動きです。肩甲骨周りの筋肉をはがすイメージでやりましょう。

 

③左右で5回ずつ、1日2セットやります。

 

肩甲骨を浮かせるストレッチ

肩甲骨はがし|ストレッチ出典:https://www.instagram.com

 

①かかとを浮かせてしゃがみます。

 

②両手をおしりの後ろにつきます。指先は後ろ向き、おしりとかかとは浮かせたままです。

 

③そのまま、膝をゆっくり前に出しながら床につけます。痛かったら無理をしないようにしましょう。

 

手を"ひらひら"させる

肩甲骨はがし|手をひらひら出典:https://www.instagram.com

 

①気をつけの姿勢から、両腕を後ろに引き上げます。肩甲骨は真ん中に寄っている状態です。

 

②そこから、両手のひらを内側と外側に、ひらひら(きらきら)させます。

 

③数回ひらひらしたら、腕を脱力させてリラックスします。

 

④3~5回程繰り返しましょう。

 

続けることが大切

肩甲骨はがし出典:https://www.instagram.com

 

「肩甲骨はがし」をして、肩こりがよくなった、肩が軽くなった、と言って、それ以降やらなくなると、いずれまた肩こりは復活してしまいます。健康にも美容にもよくて、道具も第三者も不要ですので、ぜひ「肩甲骨はがし」を続けて、常に血行よく、代謝のよいカラダをキープしていきたいですね。

 

                 

関連する記事一覧

脚痩せダイエットでみんなに自慢できる美脚を!継続すれば理想の脚に近づく♪ 4979

一日5分のストレッチで簡単ダイエット!基礎代謝がアップするストレッチ 方法 2082

スキマ時間に効果的!10秒でできる"背中すっきりストレッチ" 2640

簡単!!寝ながらできる太もも痩せのストレッチ法♪ 8266

タプタプ二の腕を解消せよ! 二の腕をスッキリさせるトレーニング3選 1522

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント