アプリでサクサク読む♡

噛む回数(咀嚼)を増やそう!それだけでダイエット効果アップ!

ダイエットにはカロリーを減らすことも大切なのですが、咀嚼がとても重要になっています。

 

咀嚼とは噛むことで、噛む回数を増やすことにより、体内では消化が促されたり、脳がお腹いっぱいと感じやすくなります。

 

咀嚼の効果

噛む回数出典:baby.qq.com

食べたものを分解

咀嚼する回数が多ければ糖分が分解されやすく、体内に吸収され脂肪として蓄えられるのを防ぎます。

 

 

胃酸の分泌が活発に!

摂った栄養を体に吸収させるには胃酸がとても重要。遺産は食べたものを分子レベルまで小さくすることができるので、良い成分をしっかり吸収してくれるのです。

 

 

消化酵素が働きだす

咀嚼を行うと、栄養を吸収する働きをする消化酵素が働きます。 腸内環境をバランスよく保つことができます。

 

咀嚼(噛む回数)も時代と共に変化

61fcddf4

現代では食の欧米化も進み、食事の際に噛む回数はだいたい600回ほどで、食事時間は約10分程度と言われています。

 

戦前では咀嚼回数約1400回、食事時間は20分程度。さらに時代をさかのぼると、鎌倉時代で2600回、食事時間は約30分。弥生時代ではなんと、咀嚼回数は約4000回弱で、食事時間は約1時間にもなります。

出典:http://www.takuma.cc

 

噛む回数をUPさせるコツ

・よく噛んで食べる。「一口30回」を目安に。
・歯ごたえのある食材を取り入れる。
・調理の方法に一工夫。少し歯ごたえが残るくらいに。
・一口の量を少な目に。
・急がずゆっくりと食事をする。

 

日本人は胃酸の分泌が少ないと研究で判明しているそうです。なので少しでも多く咀嚼することで食べたものを分解し脂肪にならないようにしましょう。

 

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント