アプリでサクサク読む♡

性感染症|

誰もが感染の可能性がある「性感染症」、あなたは大丈夫?

あなたは大丈夫?覚えておくべき「性感染症」

性感染症|あなたは大丈夫?覚えておくべき「性感染症」出典:http://weheartit.com/

 

一度感染したら完治することがない感染症も…性感染症を甘くみていませんか?自分を守るのは自分です。

 

淋菌感染症

男性は症状が出やすいですが、女性はわかるまでに時間がかかります。緑黄色の濃いおりものや尿道から膿が出ることもあります。

 

 性器カンジタ症

性感染症ではなく、免疫力が低下した時に常在菌のカンジタが増殖して発症。陰部に強いかゆみを伴い、おりものが白く酒粕様になります。

 

膣トリコモナス症

菌が強いこともあり、相当な痛みを伴います。膣内が真っ赤になり、火傷したような痛みです。臭いの強烈なおりものが大量にでます。潜伏は1〜3週間です。

 

尖圭コンジローマ

外陰部などに小さな尖ったイボができます。自覚症状はない場合が多く、時々かゆみを感じたり、セックスの時に痛みがあることも。潜伏は数週間〜3ヶ月程度です。

 

性器クラミジア感染症

最も多い性感染症です。自覚症状はあまりなく、おりものが少し増える程度。放っておくと不妊症などの原因にもなります。潜伏は2〜4週間です。

 

性器ヘルペスウイルス感染症

全く症状に現れないもしくは、性器に小さな水ぶくれや潰瘍ができることがあります。一度感染してしまうとウイルスが体内に潜伏するので、何度も再発してしまいます。

 

悪化するかどうかは知識が分かれ目

性感染症|悪化するかどうかは知識が分かれ目出典:http://weheartit.com/

 

感染症は、男性と女性では全くの別物です。女性は膣内の様子を常に見ることができないこともあり、感染に気づきにくく症状がなかなか出ないでそのまま卵管内など菌が潜んでいることも。それが風邪をひいたり、妊娠などで免疫量が低下している時に菌が増殖して症状が悪化してしまうことも。もちろんオーラルセックスでも同じく感染のリスクがあることを覚えておきましょう。

 

自分を守るためにもコンドームはマスト

性感染症|自分を守るためにもコンドームはマスト出典:http://weheartit.com/

 

性感染症はコンドームをつけることで、かなりの確率で感染を防ぐことができます。性行為に及ぶ時は、必ずコンドームをつけましょう。自分を守るのは自分という意識が大切です。

 

彼氏彼女のピンポン感染

性感染症|彼氏彼女のピンポン感染出典:http://weheartit.com/

 

海外ではカップルで性感染症のチェックにいくことが当たり前です。お互いの今後のことを思うのならば、定期的に一緒に検査に行くのがオススメ。どちらかだけが黙って病院に行って治ったとしても、一方が治ってなければ、常に感染のさせ合いになってしまいます。

 

いつもと違った症状は見逃さないで

性感染症|いつもと違った症状は見逃さないで出典:http://weheartit.com/

 

性病って聞くとなんだか怖かったり、恥ずかしと思ってしまう方も多いかもしれませんが、全くそんなことはありません。いつもと違った違和感を放置しておくと悪化の一歩を辿るだけ…一番症状がわかりやすいものは「おりもの」です。量や臭いが普段を違うと感じたらすぐに病院へ行きましょう。検査には時間もかかるので、不妊症などになってしまう前に病院へ行くべきです。

 

薬局で買える薬でも治せるものがある

性感染症|薬局で買える薬でも治せるものがある出典:https://jp.pinterest.com/

 

全てではありませんが、再発しやすい性器カンジタ症は、ドラッグストアなどで抗真菌剤入りのクリームなどを購入することができます。この薬は妊婦さんでも使うことができますが、頻繁に再発してしまう場合は、必ず専門医に相談をしましょう。

                 

関連する記事一覧

男性の興奮スイッチを刺激するフレーズ♪彼がゾクッとしちゃうような瞬間を! 55900

良かれと思ったのに・・・空回りしてしまったエッチの失敗談♡ 25220

知っておくべきオーラルセックス(口腔性交)による性感染症 4969

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集