転職に成功する人と失敗する人の違い|

転職に成功する人と失敗する人の違いは?転職に失敗しないために覚えておくべき6つのこと

転職に失敗しないために覚えておくべき6つのこと

転職に成功する人と失敗する人の違い|転職に失敗しないために覚えておくべき6つのこと出典:http://rplay.me/

 

就活は転職前から行う

会社を退職してからゆっくり転職をすればいいやと思っているかもしれませんが、ゆっくりできるのなんて最初だけ、現実は失業保険が出るまで貯金を切り崩して生活していかないといけない状態に…そうなると人は追い詰められていき、転職がいいものにならない傾向にあります。

 

就職中にしっかりと未来を見据えて就活を行った方が圧倒的にうまくいきます。仕事を辞めてゆっくりしたいなんて言っている人は転職すべきではありません。

 

 

企業を一つに絞らない

そうしてもこの企業に入りたい!ここじゃなければダメだ。そう思うことは悪いことではありませんが、一発本番の転職ではなく、何社か練習の意味を込めて受けておくことがいいと思います。

 

またヘッドハンティングの場合違いますが、転職の合格率は30%以下と狭き門になっています。安心感を得るためにも複数社受けておいて損はないと思います。

 

 

退職理由が明確になっている

面接で必ず聞かれるのが「どうして以前の会社を辞められたんですか」と言う質問です。しっかりと人生の最終目標に向かい、ステップアップをするためになどと明確な理由を持っておきましょう。

 

とりあえず今の仕事辞めて他のことをしたい!だけの理由では転職先も雇いたくありませんし、あなたより意識の高い方の応募があるので、結局採用されず終わってしまします。

 

 

諦めがつく条件と譲れない条件を明確に

給与、通勤時間、月の残業時間、職種など、まずは自分の叶えたい条件を書き出してみてください。そして、その中から、絶対に譲れない条件と、譲れる条件を分けておきましょう。条件が障害となり、諦めた会社に後で入っておけばよかったと思ってももう遅いです。

 

結婚している方の場合は、今後も夫婦生活も考えた上でパートナーと一緒に条件を考えることも大切になってきます。

 

 

面接の前の身だしなみチェックを怠らない

面接はいつもの仕事とは全く違います。仮にあなたがどんなに大御所であろうと、身だしなみや口臭には十二分に気を使うべきです。初めてあなたに会う方はあなたの印象を外見から判断するしかありません。自分の身だしなみがどうかを周りの人に意見をもらうこともいいことです。

 

 

事前に何度も練習をしておく

普段の仕事で特に他の会社様との交流がない方は、事前に面接の練習を何度も行っておくことがオススメです。初めて会う人に自分の良さを短時間で伝えるためには、何度も連取し、ダメなところを修正していくことが必要です。

 

いろんなタイプの人に意見をもらうことがとても大切です。どんな質問が来てもいいようにしておきましょう。

 

明暗を分けるのはちょっとした差だけ

転職に成功する人と失敗する人の違い|明暗を分けるのはちょっとした差だけ出典:http://35career.com/

 

転職に成功する人も失敗する人もそこまで大きな違いはありません。ほんのちょっとしたことが明暗を分けるので、今回ご紹介した6つのことは最低限意識しておきましょう。

468x60

 


                 

関連する記事一覧

初任給が高い企業ってヤバイの?!今時の初任給の実態とは?

インターンシップって就職に本当に有利になるの?行けばそのまま就職できるって本当?

都市伝説!?運動部経験者は就活に有利になるの、ならないの?

2017卒の就職偏差値ランキング!行きたい会社の偏差値は?

合コンしたい企業ランキングTOP10

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント