アプリでサクサク読む♡

給与交渉|

転職前に必ず行うべき「給与交渉」より多くの給与が欲しければ交渉すべき

転職を決めた理由第1位「給与」

給与交渉|転職を決めた理由第1位「給与」

 

実力や経験があっても、同じ会社に属していてもこれ以上の待遇は見込めない。そう思い、転職する方が最も多いです。しかし、転職先での給与に関して給与交渉を行ったことがる人は、転職者全体の20%未満です。給与アップの機会を自ら逃しているのでは?

 

給与交渉はこうやって行う

事前準備をしっかりしておく

そもそも転職先の会社は給与交渉が可能なのか?会社ごとに給与に対しての考え方なども全く違うので、事前にしっかり転職先の会社について調べておくことは必須です。能力主義なのか、中途採用に力を入れているのかなどはもちろん、新聞などの情報もチェックしておくことが必要です。

 

 

適切な給与の算出方法

希望額は、転職先でどれだけの利益を上げることができるか、その業界でどれだけ自分を活かすことができるかが重要になってきます。これは想像で行うのではなく、今までの自分の経験を元に考えることが大切です。

 

 

プレゼンテーションを行う

頭の中で自分の給与は利益から見てもこれくらいだろうなと思うだけではなく、データを揃え、実際にプレゼン資料に起こして交渉に臨みましょう。ただ口で言っているだけでは、誰も説得されません。独自のアプローチで転職先を納得させよう。

 

 

話し方一つで相手の印象は変わる

あなたが自身で算出した給与に関して、誰もが納得している数字だとしても、話し方やアピールの仕方一つでそれがなかったことにもなりかねません。給与に関してはビジネスライクで、そして説得しようとするのではなく、相手を納得させるように心がけましょう。

 

 

相手が切り出してくるまで焦らない

交渉をしようしようと思いすぎて焦るのは禁物です。相手が具体的な話をした後に、切り出しましょう。給与と全く関係ない話をしている時に「私はこれだけの給与が欲しい」と言っても話を聞いているのかと思われてしまいますし、相手が席を立ってから「あの〜給与に関して・・・」しっかりとタイミングを自分で見極めましょう。

 

担当者が語るこんな交渉はありえない

給与交渉|担当者が語るこんな交渉はありえない

 

人事担当者は今まで多くの給与交渉を行っています。そんな方たちが今までにあった、あまり良くない参考にしてはいけないと思う給与交渉をご紹介します。

 

 

前職のアピールばかりでこれからが見えない

前職で行っていた仕事は誰にもできなかったことかもしれませんが、これから働く会社で自分はどういう活躍を出来るかを明確にしてくれないと説得力も何もない。自分が今何ができて、どれだけ会社に貢献できるのかをしっかり把握しておきましょう。

 

 

人情に訴えてくるのは問題外

「妻子が居て家庭が苦しい…」「満足いく生活を送らせてあげれていない」など人情に訴えてくるのは、基本的にNGです。面接は人生の辛いことを言い合う場ではありません。また、そういった人は基本的に採用もされにくいです。

 

「給与=自分の能力」をしっかり認識をしておく

給与交渉|

 

給与が少ないと嘆くのは3流、4流のやることです。自分の今の能力がどれくらいなのかをしっかりと把握しておき、これから何ができるのか、どれだけの利益をもたらすことができるのかを常に意識しておくことが、今後の転職での給与交渉にも自然と役立つようになっていくのではないでしょうか。

 

468x60

 

                 

関連する記事一覧

ブラック企業で毎日残業をしていると子供がグレやすくなる?! 290

【転職前必見】これから業績が上がる会社と下がる会社の違いとは? 625

都市伝説!?運動部経験者は就活に有利になるの、ならないの? 574

こんな志望動機はダメだ!就活で死亡フラグが立つ3つのパターン 511

フリーターだった人が感じる正社員のメリットデメリット 389

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集