アプリでサクサク読む♡

ブラック企業|

働いてからでは遅い…ブラック企業に入社する前に見極めるポイントとは?

ブラック企業の共通点

ブラック企業|ブラック企業の共通点

 

ブラック企業には、多くの共通点があります。共通ブラック企業に入社してしまったら、必ずと言っていいほど経験することをご紹介していきます。まずは何がブラックなのかをしっかりと覚え覚えおきましょう。

 

 

過重労働

厚生労働省が発表しているデータにもありますが、営業時間外・休日労働時間が長くなればなるほど、健康リスクも高くなります。ノルマに達していないからと言って月に平均で80時間以上の残業をさせる会社はとても危ないです。外資系企業であれば、月に60時間以上の残業をしたらすぐに健康診断を受診させるくらいです。

 

 

残業代未払い

残業代の未払いに関して、国が運営している相談窓口には、年間で100万件以上の問い合わせがあります。日本の就労者数は約6,000万人です。相談窓口にすら相談できていない人のことを考えると、相当数の企業で残業代が支払われていないことがわかります。1円も貰えないのであれば、バイトですら働きません。

 

 

パワハラ

上司のパワハラは特に公に出るものは少ないですが、働いている人へのプレッシャーや恫喝などは年々増加しています。大企業では、パワハラ予防セミナー・講習などを開催していますが、あまり大きくない会社では、自分はこう社会人として育ってきたなど意味不明な理由でパワハラを正当化させようとする人が多いです。

 

 

モラハラ

モラハラは特に女性が男性上司から受けることが多いです。モラハラが原因で精神的に病んでしまい、今までのような生活を送ることができなくなってしまっている方もいます。陰湿なイジメや嫌がらせをしてくる人は入社前ではわからないので、離職率などを事前にチェックすることも大切です。

 

事前の情報収集が最も大切!

今は昔と違いインターネットなどに多くの情報があります。それらは必ずチェックするようにしましょう。自分の会社の悪い口コミを削除している会社もありますが、SNSなどは削除できていない場合が多いので、SNSなどでも検索をするようにするといいでしょう。

 

 

インターネットで口コミをチェックする

求人サイトの口コミには基本的に、いいことしか書いてありません。それは求人サイトはお金をもらって求人情報を掲載しているからです。ネットで検索するときは、複数のキーワードを組み合わせたり、SNSでも検索するようにしましょう。今は口コミはSNSで検索することが一般的になってきています。

 

検索例

「会社名 ブラック」

「会社名 口コミ」

 

 

給与だけで決めちゃダメ!

求人情報に掲載していある給与があまりにも高い会社は怪しい場合が多いです。特に有名企業でないネット会社に関していこれは言えます。いきなり何もわからない人に高額の給与を支払う会社はありません。入社してから求人情報と違ったなどよくあります。そして過重労働を強いられることが多いです。

 

 

労働条件がしっかり決まっていない

労働条件は面接の時に必ず聞いて確認しておくべきですし、それを書面として提示できない会社は怪いです。労働条件を示さずに働くなんてことは考えられません。自分が働く会社なのだからこそ、提示されない場合は突っ込んで質問するべきです。働いてみたら実際は・・・なんてことにならないように。

 

 

働き次第で賞与あり!は魔法の言葉

頑張り次第で給与が100万円だってもらえる。そんな売り文句を言う会社はとても多いです。(特に営業職)歩合がつく会社も確かに多いですが、とにかく働かせるためにそういった言葉を使う会社が多いです。一部上場の大企業でさえ、社内の査定でSランクの場合で数万円程度の給与アップが普通です。

 

常に求人で見かける会社は要注意!

ブラック企業|常に求人で見かける会社は要注意!

 

求人サイトを見るといつも同じ会社を見かけると思ったら、その会社は要注意です。常に求人をしているということは、常に辞めていく人が多いということです。人が離れるということは、仕事内容や給与の面で割りに合わないと思っている人が多いと言ってもいいでしょう。

 

 

ブラック会社の負のスパイラル

常に求人している→人気がない会社、ブラック企業である可能性が高い→離職率が高くなる→人手が足りなくなり求人をするしかない

 

ブラック企業を見極めるポイントまとめ

ブラック企業に入社してしまうと後が面倒です。自分にとってプラスになることはほとんどありません。そんなブラック企業に入りたくなければ、以下の項目を意識しながら企業選びをしましょう。

 

□ ネットの口コミを参考にする

□ 企業情報をしっかり把握しておく

□ 求人を出している期間、離職率をチェックする

468x60

 

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集