アプリでサクサク読む♡

海外での日焼け対策|ウォータープルーフの日焼け止め

紫外線が日本と海外では違う!海外旅行時の日焼け対策とは

海外での日焼け対策

海外での日焼け対策|海外での日焼け対策出典:http://bellavitasalon-spa.com

 

海外では日本とは紫外線が違ってきます。なんと日本と海外を比べると・・・。

 

<日本と比較した海外の紫外線量>

ハワイ  3~6倍
グアム 4~6倍
オーストラリア 6~8倍
バリ  3~5倍

 

ほぼ日本の紫外線量の3倍以上ってものすごい量ですよね。それじゃあ日本と同じ紫外線対策をしても意味がありません。ちゃんと正しい海外での日焼け対策をしていきましょう。

 

ウォータープルーフタイプの日焼け止め

海外での日焼け対策|ウォータープルーフの日焼け止め出典:www.biranger.jp

 

海外のビーチに行くなら絶対に必要なのがウォータープルーフタイプの日焼け止め。これは絶対必需品です。特に紫外線が強いリゾート地やマリンスポーツをする場合は要注意ですよ。一般的にはPAは+が多い程、紫外線予防効果が高いとされています。

 

アリィーエクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)

海外での日焼け対策|アリィ出典:udarika.com

 

【価格】90g ¥2,800 /40g ¥1,400 (税抜)

 

そのため紫外線が強い海外旅行にはPA++++の日焼け止めを持っていくようにしましょう。また、塗り直しにはスプレータイプの日焼け止めを持っていくと塗り直しが簡単にでき、白肌をしっかり守ってくれますよ♪

 

ハーバルガーデンスプレー

海外での日焼け対策|ハーバルガーデンスプレー出典:photozou.jp

 

【価格】¥2,415(税込)

 

購入は下記リンクから↓
日焼け止めに!SPFスプレー

 

なんと虫が嫌いなハーブ入りなので虫除けスプレー兼日焼け止めスプレーなんです♡メイクの上からも使えますよ!

 

肌の露出を控える

海外での日焼け対策|肌の露出を控える出典:shop-list.com

 

暑い季節だとキャミソールやノースリーブなどで外出したくなりますよね。もしそういう格好をするのであれば必ずバックに長袖UVラッシュガード、UVパーカーなどを持ち歩きましょう。ジリジリ肌が焼けるように痛いなんて時も肩にかけておくだけでだいぶ違います。絶対に焼きたくない人はきちんと着るようにしましょうね。

 

ツバの大きな帽子

海外での日焼け対策|ツバが広い帽子出典:www.dena-ec.com

 

ツバの広めの帽子は顔周りの紫外線を防いでくれます。それだけでなくファッション性も高いのでオシャレに着こなせますよ♪ロングワンピースなどを合わせるとエレガントになれちゃいます!

 

焼けてしまった後のケア

海外での日焼け対策|焼けてしまった後のケア出典:www.b-lab.jp

 

日焼け対策をしてもうっかり焼けてしまった!そんな時はその後のケアが大事になってきます。日焼けをした後は皮膚が炎症を起こしている状態、いわば火傷と同じです。病院に行った時、火傷の処方で1番最初にやるのが「熱を冷やして取る」。

 

海外での日焼け対策|シャワー出典:healthylifestory.net

 

なので肌をすぐに冷やすように冷水のシャワーをしばらく浴びましょう。この時のポイントは少し長めに浴びることです。表面の熱がとれたとしても中に熱が残っていると中で炎症が広がり翌朝以降にほんのり黒くなってしまうことがあります。なるべく早い段階で冷やすことがとても大切です。

 

 

海外での日焼け対策|保湿出典:hadalove.jp

 

また日焼けした肌は乾燥しやすいのでシャワーを浴びたあとすぐに化粧水で保湿するようにしましょう。冷蔵庫に化粧水を入れて冷やしておけばより炎症を残さずにケア出来ますよ。

 

いかがでしたでしょうか。海外旅行は楽しくてウキウキ気分なのでうっかり日焼け対策を忘れがちですが海外の紫外線を侮ってはいけません。しっかり対策とケアをして美白を保ちましょうね!

 

                 

関連する記事一覧

日焼けは早めの対策が一番!今からの美白ケアで夏を乗り切ろう 1144

紫外線対策は肌の事だけじゃない!紫外線対策をしっかりしよう!          ... 669

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集