アプリでサクサク読む♡

肋骨を締めてキュッとしたくびれを♪ぽっこりお腹に効果がある「肋骨エクササイズ」

肋骨を締めてくびれゲット♡

助骨エクササイズ|悩み別出典:weheartit.com  

 

がんばってダイエットしてるのにどうしてもくびれができないそんな方におすすめな悩み別、肋骨エクササイズを見ていきましょう♪    

 

ぽっこりお腹さん

助骨エクササイズ|ぽっこりお腹出典:weheartit.com  

 

くびれはあるように見えるのに、横から見るとぽっこりお腹になっている。それを作っている原因は「反り腰」かもしれません。   反り腰とは頭から爪先までのラインで腰が必要以上に反ってしまっている状態なんです。   ぽっこりお腹以外にも下半身太りなどの原因や内臓の位置が下がり横から見た時にぽっこりしてしまいます。    

 

ぽっこり解消は姿勢を正す

助骨エクササイズ|ぽっこりお腹解消出典:weheartit.com  

 

肋骨と骨盤の間をしっかり開けるイメージで姿勢をよくすると自然と内臓が定位置になります。   また、姿勢が良くなると腹斜筋以外の筋肉も必然的に鍛えられるので代謝が良くなり痩せやすい体になりぽっこりお腹も解消します♪    

 

くびれができない人

助骨エクササイズ|くびれ出典:weheartit.com  

 

頑張っているのになかなかくびれないのは、そもそも骨盤と肋骨の間に十分な余裕がなく凹まないからなんです。    

 

簡単なくびれセルフチェック

助骨エクササイズ|くびれセルフチェック出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp  

 

骨盤と鋤骨の間にくびれの元がないかが簡単に分かるセルフチェックです。   脇腹の骨盤の上に拳を置いてください。この時、肋骨との間にスキマがなければくびれが出来ないのはそのせいです。   でも安心してください♪それなら間を開かせれば簡単にくびれができますよ♡    

 

くびれを作るために間を開かせる方法

助骨エクササイズ|開かせる方法出典:netallica.yahoo.co.jp  

 

①バスタオルをストレッチポールのように筒状に丸める。  

 

②ひもで縛り形が崩れないようにする。

 

  ③へその裏に体に対して直角になるようにタオルを置く。

 

  ④その上に寝転ぶ。  

 

⑤5分ほどその状態をキープする。  

 

助骨エクササイズ|骨盤枕出典:rakuyase-diet.jp  

 

この鋤骨エクササイズをすれば少し広がりますが、普段通りの生活の戻すまた閉じていってしまいます。 なのでできるだけ続けていきましょう。    

 

すとん体型

助骨エクササイズ|すとん体型出典:weheartit.com  

 

横から見ると細くて薄い、なのに正面から見るとくびれがわかりづらくてストンとした体型…。   その原因は肋骨が外側に広がりすぎていることが挙げられます。日本人はもともと骨格が平型でそう見えがちなんです。    

 

すとん体型の改善法

助骨エクササイズ|すとん体型解消方法出典:www.cosme.net  

 

みずおちの下の部分を体の中に潜り込ませるイメージでグッと力を入れ引っ込ませ、そこで5秒キープ♡    

 

助骨エクササイズ|両腕閉じる出典:weheartit.com  

 

両腕を脇につけて、肋骨を閉じていきます。慣れてきたら腕を使わずに、自分のお腹の脇の筋肉を使って締めるイメージでしましょう。   どちらの肋骨エクササイズも1日5回程度行いましょう。肋骨が内側に締まるほど、骨盤との差ができくびれもより強調されますよ♪  

                 

関連する記事一覧

夏まで痩せる計画♡インスタで人気の「なーみさんのエクササイズ」で自分至上最高BO... 41454

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集