アプリでサクサク読む♡

"正座入浴法"でふくらはぎをお尻で加圧!半身浴より体が温まりやすい代謝アップする入浴法

湯船の中で即座に温まって痩せるために、半身浴は欠かせません。長風呂が苦手な方でもオススメの楽チンな入浴方法です。

 

通常の入浴法よりもスピーディーに体を温め、そしてダイエット効果も高める「正座入浴」の効果と実践方法をご紹介します。
(画像出典:weheartit.com

 

痩せ効果抜群の"正座入浴"の4大効果

ふくらはぎを加圧して体がより温まる

正座入浴出典:jogsoku.com

ふくらはぎは滞りがちな下半身の血流を促す、ポンプの役割を果たしています。

 

正座でふくらはぎ全体をお尻で加圧するとぐんと血流がアップします。入浴で体が温まる早さが通常の倍速に!

 

 

ゆがみが改善してお腹が凹む

正座入浴出典:weheartit.com

姿勢の悪さで骨盤が歪むと、体がバランスを崩します。

 

特に腹筋が使いづらくなりお腹周りにお肉がつきやすくなります。正座は骨盤がバランス良く安定するため行うだけで歪みがリセットされます。

 

 

発汗力を増して体の巡りが改善

正座入浴出典:weheartit.com

「お湯の熱」「正座」という二つの血流促進パワーが重なって体は一気に温まり、発汗します。

 

体の中の余分なものが排出するように促され、痩せやすい体質なります。

 

 

眠りの質が高まり、冷えない&太らない体質に!

正座入浴出典:weheartit.com

就寝前の正座入浴で体のめぐりが改善して、骨盤の歪みがリセットされると、睡眠の質が高まります。

 

疲労をしっかり回復して体の各機能を高め、冷えにくく代謝の良い体に整えます。

 

実践「正座入浴」のポイント!

①膝をついて座り、両カカトをつける

正座入浴

湯船の中に膝をついて座り、両足を揃える。両足のカカトをつけて親指の間はかるく開きます。

 

②カカトを付けたまま腰を下ろす

正座入浴

両足のカカトを付けたまま、カカトの上にお尻を乗せるように腰を下ろす。そのまま90秒ぐらいキープ。その後、湯船から上がっても楽な姿勢で入浴を続ける。

 

正座のやり方は人それぞれですが、正座入浴を行う際は両足のカカトをつける「カカト正座」で入浴することが大切です。ぜひ毎日の半身浴に取り入れてみてください。

                 

 ランキング