アプリでサクサク読む♡

ヘアカラーを長持ちさせる方法|カラー直後のシャンプーはNGの

毎日が美容院帰りのようなヘアに♪ヘアカラーを長持ちさせる方法

美容院でしてもらうヘアカラーはとっても綺麗になれますが決して値段は安くはありませんよね。

 

でもカラーってとっても色落ちしやすくて1ヶ月もたたずあの美容院帰りのような綺麗なカラーは無くなってしまいます。

 

そこで少しでもあの綺麗なカラーリングを長持ちさせる方法をご紹介したいよ思います♪

 

ヘアカラーを長持ちさせる方法

カラー直後のシャンプーはNG

ヘアカラーを長持ちさせる方法|カラー直後のシャンプーはNG出典:keranique.wordpress.com

 

カラー直後の注意点としては直後はシャンプーするのは避けること。美容室でも帰り際に「当日はシャンプーしないでくださいね。」と伝えられます。

 

特に市販のシャンプーで脱脂力が強く、洗浄力のあるシャンプーは髪の褪色が早まってしまいます。

 

出来ればカラー剤が髪に定着するように美容院から1日くらいあけてからシャンプーなどをするようにしましょう。

 

 

カラーリング用ヘアケアを使う

ヘアカラーを長持ちさせる方法|ヘアケア出典:topnotchsalonlex.com

 

ヘアカラーを長持ちさせるようのヘアケア用品がたくさんありますのでそれを使うようにしましょう。

 

シャンプー、トリートメント、リンスなどさまざまな用品からカラー長持ち用のものがでていますのでお近くの薬局などをチェックしてみては♡

 

 

ドライヤーが決め手

ヘアカラーを長持ちさせる方法|ドライヤー出典:www.1stslice.com

 

シャンプー後はカラー剤が抜けやすくなってしまっているのでなるべくはやく乾かすのがポイントです。

 

タオルドライをしたら時間をかけずパッと乾かしてください。

 

イオンドライヤーがオススメ

ヘアカラーを長持ちさせる方法|イオンドライヤー出典:www.webmd.com

 

髪を痛めてしまうドライヤーを使ってしまうと表面のキューティクルが開き、色素が抜けやすくなってしまいます。

 

髪を保護するためにはイオン対応のドライヤーやキューティクルを守る機能バツグンのドライヤーがオススメです。

 

 

乾かす時のポイント

ヘアカラーを長持ちさせる方法|乾かす時のポイント出典:kindhairshop.com

 

ドライヤーの熱を直接髪に当ててしまうと痛んでしまう原因になるので髪から30センチ程、離して当てるのがコツです。

 

そうすることで髪が熱くならずキューティクルが開くこともないのでカラー剤も抜けにくく傷みにくいですよ。

 

また、元々高温にならないような設定が出来るドライヤーも売っていますので自分の好みのものを選んでみましょう。

 

 

髪のUVケア

ヘアカラーを長持ちさせる方法|髪のUVケア出典:blog.spafinder.com

 

キューティクルが開く原因としては紫外線もその中の1つなんです。肌のUVケアはガッチリしているのに髪はしていない人も多いはず。

 

紫外線が長年当たってダメージを受けた髪の毛はカラーが長持ちしにくくなる傾向があります。

 

なのでUVブロックしてくれるヘアクリーム・ヘアスプレー・日傘・帽子などがおすすめですよ。

 

 

夏の紫外線のダメージから守るには・・・

 

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント