次は男の子♂or女の子♀?妊活の人は必見「産み分け方法」♡

そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁ~と思っている方、できれば「女の子がほしい」「男の子がほしい」と少なからず希望がありますよね。

 

そこで確実ではないですが男の子と女の子どっちかにしやすくなる産み分け方法をご紹介したいと思います。

 

妊活中の方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

産み分け方法

性別が決まるのは精子

産み分け方法出典: googirl.jp

人間には46本の染色体がありますが、そのうち性別を決める性染色体が2本あります。

 

この2本の染色体の組み合わせが、XX =女の子、XY=男の子が産まれます。

 

もともと卵子の染色体はXと決まっているので、性別は受精する精子の染色体がXかYかによって決まるんです。

 

 

X染色体とY染色体の特徴

産み分け方法出典:haradatakeo.com

<X染色体>

酸性に強くアルカリ性に弱い。また、Y染色体に比べると、数が少なく運動量は劣りますが、寿命が長く2~3日生き延びる。

 

<Y染色体>

アルカリ性に強く、酸性に弱い。X染色体に比べて量が二倍ほどあり、動きが活発ですが寿命が短くてたったの1日。

 

このXとY染色体の特徴を利用して、様々な産み分け方法を試すことができます。

 

 

女の子は排卵日2~3日前、男の子は排卵日当日

産み分け方法出典:healty-lifestyle.com

<女の子の場合>

女の子の元になるX染色体は寿命が長いので排卵日2~3日前に性行為しても、排卵日当日まで生き残ることができるので前もってで大丈夫です。

 

<男の子の場合>

男の子の元となるY染色体は寿命が1日と短いので早めに性行為をすると排卵を待たずに死んでしまいます。

なので、排卵日当日の性行為の方が男の子を受精する確率が高まります。

 

この方法は自分の排卵日がいつなのかを正確に把握しないといけないので基礎体温を測るのはもちろんのこと、排卵日チェッカーなどを利用して排卵日を特定してくださいね♪

 

 

ゼリーを使って膣内をコントロール

産み分け方法

出典: www.hellobaby-shop.jp

もともと膣内は酸性で、排卵日が近づいてくるとだんだんアルカリ性になっていきます。

 

また、性行為で女性がオーガズムに達する際にもアルカリ性になると言われています。

 

XとY染色体はそれぞれ酸性・アルカリ性に強いという性質を持っているので、特殊なゼリーを使って膣内の酸度をコントロールすることによって産み分けを試みる方法があります。

 

女の子が欲しい場合には膣内を酸性に、男の子が欲しい場合は膣内をアルカリ性に傾け、てそれぞれの染色体を受精しやすくしましょう。

 

このゼリーはインターネットでの購入か、病院で販売しているところもありますのでお求めくださいね。

 

 

男の子が欲しいならリン酸カルシウム

産み分け方法出典:www.geocities.jp

男の子が欲しいというママに摂って欲しい栄養補助食品が、リン酸カルシウム。

 

元々は赤ちゃんの先天性異常を予防するために飲まれていたサプリメントでしたが、これを飲んでいた妊婦から生まれてきた赤ちゃんがほぼ男の子だったそうです。

 

リン酸カルシウムを摂取すると男の子が生まれてくる確率が高い理由はまだわかっていません。

 

また、即効性がないので効果が現れるには二ヶ月以上飲み続けないといけません。

 

お求め方法は、病院で処方してもらうかネットでも購入できますよ♪

 

 

妊娠・出産は奇跡の贈り物

産み分け方法出典:www.kanamorisika.com

色々な産み分け方法をご紹介しましたが、赤ちゃんは授かりものであり、現在の医学でも100%産み分けをするのは難しいのです。

 

産み分けをするのは自由ですが、絶対的な根拠があるわけではないので望んだ性別じゃないからとガッカリするのは絶対にやめてくださいね。

 

過去の関連記事はこちら

 


                 

関連する記事一覧

ダイエット、美肌、安眠まで♪ルイボスティーは女性に嬉しい栄養の宝庫

これで好感度MAX!!男がいい子だなと思う女の子とは?♡

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント