アプリでサクサク読む♡

紫外線対策でお肌を守れ♪お肌を守る日傘の役割とは?

お肌の大敵!紫外線

お肌を守る日傘の役割とは出典:weheartit.com

 

実は春頃からは冬の3倍もの紫外線が降り注いでいるのを知っていますか?そんな春夏の紫外線を甘く見て放っておくと、シミやシワなど肌の老化の原因に。紫外線対策は、春から行うのがベストで、夏は紫外線対策を怠ったらお肌はボロボロになってしまうんです。

 

ここで日傘の出番です!

お肌を守る日傘の役割とは出典:weheartit.com

 

日焼け止めをたくさん塗ったりするのは、少し面倒ですし、肌にも負担が掛かってしまいそう・・・そこでおすすめするのは日傘!

 

日傘1本で、紫外線を跳ね返したり、吸収してくれたりするので、ぐんと肌の老化を食い止めてくれます♪

 

 

体感温度も下がる

日傘|体感温度出典:instagram.com

 

夏場なら、日傘を差しているのと差していない状態を比べると、体感温度の差が8℃もあるんです!日傘のおかげで熱中症や脱水症状などを防ぐ確率が上がるので、夏に日傘は必須というわけです。

 

 

長い目で見ると眼病予防にも効果的

 

長い間使い続けることで、眼病予防にも効果まで!まぶしい紫外線の目への刺激は、思っている以上に大きく、すぐには現れないものの、積み重なることで、角膜炎や白内障などの原因になります。

 

日傘を差すことで、目への刺激を和らげるので、病気の心配もなくなりますよ♪

 

日傘を選ぶときのポイント

お肌を守る日傘の役割とは

出典:weheartit.com

 

紫外線を確実に防ぐならUVカット率100%

より紫外線カットに効果的な日傘を選ぶなら、UVカット率100%のものがオススメ♪カット率99%など数字は細かく種類も豊富ですが、カット率が高ければ高いほど、効果は見られるので、できれば100%のものを選びましょう!

 

 

裏側の色は黒など濃いめの色が◎

 

より紫外線を遮断したい場合は日傘の裏地の色が重要になります。紫外線は地面からの照り返しもあるので、裏地は黒など濃いめの色を選ぶのが正解!白など明るい色を選んでしまうと、傘に入ってきた紫外線を吸収し、顔に集めてしまう恐れがあるんです。

 

 

自然素材がベスト

最後のポイントとなるのは、生地の厚みや素材。紫外線を通さない厚めの生地が良く、素材はポリエステルがオススメ♪しかしポリエステルは、傘の内側に熱をこもらせてしまうため、夏場は麻や綿などの自然素材がオススメですよ。

 

実は日傘にも寿命が

 

直射日光に晒される日傘は、実は寿命があります。何年間も同じ日傘を使用し続けるのは危険。しっかり手入れをしていても、2〜3年も使えば、紫外線カット率は下がってしまうので、古い日傘を持っている人は買い替えましょう!

 

お祭りやイベント、花火などにも日傘をもってこう!

紫外線対策は早めの内にやるのがベストですよ!私も今まで日傘を持っていませんでしたが、今年から日傘を差そうと思います♪お肌の為にも暑い日の熱中症対策にも!

 

                 

関連する記事一覧

「顔のシワ」撃退で、見た目年齢-5歳をキープ♡そんな顔をシワの撃退法! 1854

シワ1本でかなり老けて見られる・・・首のシワ解消する方法とは 1419

オーガニック日焼け止めを選んでる?オススメの日焼け止め5選 984

紫外線対策は肌の事だけじゃない!紫外線対策をしっかりしよう!          ... 664

4月も注意!紫外線が増え始める時期だからUVケアを始めよう♪ 770

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集