アプリでサクサク読む♡

ムダ毛が濃くなりやすい食べ物・薄くする食べ物とは?知っておけばツルスベ肌に

知ってた?ムダ毛を濃くしやすい食べ物とは

 

ムダ毛の濃さは体質や肌質などにより個人差がありますが、一般的にムダ毛が濃くなるのは、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの働きが強くなることも関係していると言われています。

 

女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンのが優位になって、体毛が濃くなりやすいため注意が必要です。例えば、GI値が高い食べ物をたくさん食べると血糖値が上昇して、男性ホルモンを促すインシュリンが大量に分泌されるそうです。

 

GI値が高いと言われる代表的な食べ物は、ケーキやチョコレート、菓子パンやラーメン、カボチャやジャガイモなどの糖分や炭水化物が多いもの。食べ過ぎには気をつけましょう。

 

ムダ毛を薄くするには大豆製品・GI値の低い食べ物がおすすめ

 

ムダ毛を薄くするには、乱れたホルモンバランスを整えつつ、女性ホルモンの働きを活発にさせることがポイントです。睡眠不足やストレスだけでなく、栄養バランスが偏っていることもホルモンバランスを乱す原因のひとつ。インナーケアにも力を入れていくことをおすすめします。

 

ムダ毛を薄くする効果が期待できるのは、大豆製品やGI値の低い食べ物だと言われています。大豆製品に含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、女性の肌や体に嬉しい効果をもたらしてくれますよ。大豆イソフラボンが豊富に含まれている豆腐・豆乳・味噌・きな粉・納豆などを心がけて食べるといいでしょう。

 

ただし、大豆イソフラボンを過剰摂取するとかえってホルモンバランスが乱れてしまうため、1日につき約70~75mgほどの大豆イソフラボンを目安に摂取すると良いそうです。

 

また、GI値の低い食べ物は、男性ホルモンの分泌を促すインシュリンの分泌を抑えて濃くなるムダ毛を防いでくれると言われています。玄米・全粒粉パン・ひじき・そば・きのこ・ヨーグルトなどを積極的に食べてムダ毛対策をしていきましょう。

 

毎日の食生活を意識してムダ毛を目立たせない!

 

ムダ毛と食べ物は一見なんの関係もないように思いますが、深い関わりがあることがわかりました。大豆イソフラボンが豊富な食べ物やGI値の低い食べ物を毎食ずつ取り入れて、身体の中からムダ毛対策をしてみてくださいね。

 

どうしても気になるムダ毛は自宅で簡単脱毛♡

 

なんか安くて痛くなくてきれいに永久脱毛できる方法とか…無いよなぁ。。と思いながら、たまたまSNSで見つけたある”アイテム”を使った脱毛法。

 

また変な広告かと思ったんですけど、エステ級の強力な除毛ができるとのことで気になって調べてみたんです。

 

そしたらかなり話題になっているようで、男性が試したものも公開されていて↓

 

 

カミソリの繰り返して出来てしまった黒いポツポツもどこへやら。

 

自宅で永久脱毛法!?剛毛も”ツルツル”になるアイテムとは?

 

今、話題沸騰中の除毛クリーム「moomo(ムーモ)」です。

 

これを5分塗って流すだけなんです。

 

発毛を抑える成分である大豆エキスのイソフラボンが毛根に浸透するので使うたびに永久脱毛に近づきます!

 

1回で脱毛!ではないですが、使っていくと生えてくる毛がだんだん薄くなっていくんですよ。

 

▶▶moomo(ムーモ)公式サイトはコチラ

 

初回特別価格が980円でとってもお得♡

 

moomoですが、今ならキャンペーン中でかなり安く手に入るみたいなんです。

 

通常価格6,600円のところ、トクトクコース初回特別価格980円。

 

商品在庫が完全になくなると、お得な980円キャンペーンも終了してしまうそうなので早めにチェックしてください!

 

                 

 ランキング