アプリでサクサク読む♡

ドカ食いを防ぐ方法! 食べて後悔するぐらいなら試してみて♪

気づいたら「またやってしまった…」と楽しい時間を過ごしていると、気づかぬうちにたくさんの食べ物に手を伸ばしてしまっていることはよくあり、後になって後悔することもしばしば…

 

食べ始めたら止まらないっていう表現がまさに当てはまるぐらいの食べっぷりにダイエット中は罪悪感を覚えますね。そんなドカ食いを防ぐためのちょっとしたコツをご紹介。

 

食事はゆっくりと、よく噛む

ドカ食いを防ぐ方法出典:weheartit.com

ダイエット中の食事ではとにかく早食いは禁止です。これにはちゃんとしたわけがあり、早食いをすると満腹感が満たされるまでにどんどん食べてしまう傾向があるので、充分な量を食べているのにも関わらず余分な食事をしている可能性があります。

 

まずは一口20回を目標に!

いきなり噛む回数を増やすことってなかなか難しいですが、意識して噛むことでそれがやがて習慣になっていきます。人は1週間も続ければ慣れてきて、1か月続ければ習慣として体が無意識に行うまでに達していきます。

 

食事前のお水でドカ食い防止

ドカ食いを防ぐ方法出典:weheartit.com

食事前にはコップ一杯のお水を飲むことで、ドカ食いを防止することができます。お水よりも白湯やお茶などのホットドリンクを飲むほうが体が温まり、代謝もあがるのです。

 

暖かい飲み物がオススメ

お水だとゴクゴク飲んでしまいがちですが、ホットドリンクだと少しづつ飲むことで満腹度が高まります。これは食事の順番にも関係していて、暖かいスープを頂いてから食べることで、食べ過ぎを防げます。

 

睡眠時間を長く

ドカ食いを防ぐ方法出典:weheartit.com

食事と睡眠って全然関係ないでしょ?と思われがちですが、実は食欲と大きく関係しているみたい。睡眠時間が短いとダイエットには良くないことだらけ。

 

理想の睡眠時間は7.5時間

例えば睡眠不足だと「コルチゾール」という脂肪をため込むホルモンが分泌されたり、睡眠時間が短いと空腹感を促すグレリンの分泌量が増え、食欲を抑えるレプチンの分泌量が低下するためドカ食いしやすくなります。

 

                 

 ランキング