アプリでサクサク読む♡

重曹でインスタント麺がまるで本格生麺に! もちもち食感に病みつき♪

重曹でインスタント麺がまるで本格生麺に!

 

忙しい時間にとっても便利なインスタントラーメン(袋麺)。そんな袋麺をワンランク上の生麺のようなモチモチ食感にできる裏ワザがバラエティ番組「あのニュースで得する人損する人」で放送されました。過去にはNHKの「ためしてガッテン」でもされてましたね。
(画像出典:toyokeizai.net

 

そんな魔法のアイテム「重曹」

6a00d83451f83a69e2016762d115b0970b-500wi出典:blog.ideasinfood.com

インスタントラーメンをゆでるときに袋から取り出したら、お湯にいれるのですが、そのお湯にいれるだけでモチモチ食感になるのが「重曹」なのです。重曹を入れるだけでまるで違う麺に生まれ変わります。

 

準備するもの

・お湯:500ml
・重曹:2g
・スープ用のお湯は別で用意

麺を茹でる時間は製品によって異なりますが、製品の茹で時間と同等の長さで茹でてください。

 

なんでインスタントの麺がモチモチになるの?

重曹でインスタント麺がまるで本格生麺に!出典:odamaki1031.cocolog-nifty.com

「かんすい」がモチモチ食感を補う?

モチモチ食感の麺といえば、夏に食べる冷やし中華の麺を思い浮かべてください。このような麺には「かんすい」と言われる成分が入っているのですが、インスタントラーメンはこの「かんすい」の量が少なくなっているみたい。

 

「かんすい」は変色を防ぐ役割もある

インスタントラーメンが「かんすい」の量を減らすには麺の変色を防ぐ意味があるみたい。「かんすい」の成分は炭酸ナトリウムなのですが、お湯に重曹を入れると炭酸ナトリウムになるので、不足した「かんすい(炭酸ナトリウム)」が補われていきモチモチ食感になるのです。

 

ラーメン以外でもモチモチ食感が楽しめる

重曹でインスタント麺がまるで本格生麺に!出典:item.rakuten.co.jp

ラーメン以外にもパスタなどの乾麺をゆでるときに重曹をいれるだけで、モチモチの生パスタのような仕上がりになるのです。

 

重曹を使わない方法もあります

                 

 ランキング