アプリでサクサク読む♡

正しい褒め言葉|目上

間違った褒め言葉使ってない⁉こんな褒め言葉は目上の人に使っちゃダメ!

 

目上の人と会話をする中で、1度は褒め言葉を使ったことがあると思います。

 

ですがその褒め言葉は、もしかしたら間違っているかもしれないんです!

 

知っているようで知らない、目上の人に対するNGな褒め言葉をご紹介します。

 

目上の人に対するNGな褒め言葉

✕気が利きますね → 〇気配りに感謝します

正しい褒め言葉|目上

出典:https://www.pinterest.jp

 

「気が利く」という言葉は、人の気持ちを察して行動できる人を褒める言葉。実は、この言葉を目上の人に使うのは間違いなんです。

 

目上の人が目下に対して行う行為は「気配り」や「お心遣い」なので、行為を評価するのではなく、感謝の気持ちを伝えるのが正解!

 

✕若いですね → 〇若々しいですね

正しい褒め言葉|目上

出典:https://www.pinterest.jp

 

「若い」という言葉を目上の人に使うと、「ミーハー」「若作り」などと取られる可能性があります。

 

「若いですね」と言われると、きっと褒め言葉なんだろうとわかってくれる人もいますが、なんとなく馬鹿にされているような気持ちになってしまう人も多いんです。

 

「若いですね」ではなく「若々しいですね」と言葉を重ねることで肯定的な表現になるので、意識してみてください!

 

 

✕上手ですね → 〇さすがですね

正しい褒め言葉|目上

出典:https://www.pinterest.jp

 

物事の良し悪しを目下の人が評価するのは、完全に上から目線の行為になってしまいます。

 

「上手」という言葉は、相手の能力を評価することになって失礼なので、周りの評判通り素晴らしかった!という意味を持つ「さすがですね」を使うのが妥当なんです♪

 

✕しっかりしてますね → 〇いつも完璧ですね

正しい褒め言葉|目上

出典:https://www.pinterest.jp

 

「しっかりしてますね」という言葉も、目上の人を評価する上から目線の言葉。

 

素晴らしいといった意味を伝えたいのであれば、褒め言葉を進化させて「いつも完璧ですね」と言い換えることで、敬意も表現でき目上の人を良い気持ちにさせることができます。

 

✕感心しました → 〇感銘を受けました

正しい褒め言葉|目上

出典:https://www.pinterest.jp

 

「感心」という言葉には、心が動かされたという意味だけでなく、相手を素晴らしいと評価するニュアンスが含まれているのでNG。

 

親から子、目上から目下にかける言葉として使うので、目上の人には感動したということを意味する「感銘を受けました」という表現を使いましょう。

 

言葉には気を付けましょう!

 

何気なく使っている褒め言葉が、実はNGだったなんて驚きですよね。

 

一言間違えるだけで、相手に嫌な思いをさせてしまうので、言葉には気を付けましょう!

 

                 

 ランキング