アプリでサクサク読む♡

洗いすぎは逆効果でした! デリケートゾーンの簡単ケア方法

デリケートゾーンは滅多に人にみせない神聖な場所。お肌のスキンケアに夢中でデリケートゾーンのお手入れを疎かにしていませんか?

 

大好きな彼にしかみせないところだからこそ、幻滅されたくないパーツでもあります。今まで意識していなかった人こそ、しっかりとケアして彼とのアレも今よりも積極的にできるかも。

 

ちゃんとデリケートゾーン、気にしてる?

デリケートゾーンの簡単ケア方法出典: jp.pinterest.com

 

ヘアケアやスキンケアなど女性は頑張らなくちゃいけない事が多すぎる…でも彼との愛を確かめあう行為にはデリケートゾーンのお手入れは欠かせません。男性は彼女との行為で一番気になるのはニオイだといいます。

 

いくら美意識が高くてスタイル抜群、お肌プルプルでもニオイが…という男性がほとんどなのが、現実。そこで毎日簡単にお手入れできるポイントをご紹介します。

 

実はあなたの彼、気にしているかも……

large (2)出典: weheartit.com

 

人は自分のニオイに鈍感で、相手のニオイは敏感に感じます。

 

行為中に違和感を感じてもなかなか口に出して、「臭い」とか言えるわけはありません。お互いの関係の為にも、自分自身のデリケートゾーンは必ずケアしておきましょう。

 

NGなデリケートゾーンの洗い方

large (1)出典:weheartit.com

洗いすぎもよくないみたい…

日常生活でもボディーソープで念入りに洗っている方も多いと思いますが、デリケートゾーンは皮膚が薄いので力を入れて洗うのはNG。できれば摩擦の少ない手で洗う事をオススメします。洗いすぎると乾燥してしまい、逆に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

ウォシュレットはやりすぎ注意

トイレに行ったときはウォシュレットで洗い流すことは問題ありません。ただ長時間使用すると膣内の大切な菌まで洗い流してしまうので、それが悪臭の原因になることもあります。

 

デリケートゾーンの基本的な洗い方

large出典:weheartit.com

基本は優しく洗う

デリケートゾーンは皮膚が薄く、刺激に弱いので、必ず手で優しくなでるように洗いましょう。ボディーソープを使うこともいいのですが、直接ボディーソープをつけるのではなく、泡立てネットなどで泡立ててからデリケートゾーンを洗いましょう。

 

擦り過ぎに注意

前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗っていき、最後に肛門の順に洗っていくとよいでしょう。ただ、洗顔と違うのは、細かい部分に垢や汚れがたまりやすく、シャワーで流したり泡をのせたりするだけでは中々落ちません。指の腹を使って、傷つけないよう気を付けながらもしっかり洗います。
引用:skincare-univ.com

 

それでもニオイが気になるなら専用ボディソープを!

丁寧に洗っているけどニオイが気になる、ボディソープだと痒くなるなど人によってはニオイや痒みなどが気になる方がいます。そんなときはデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのもオススメです。

 

種類も刺激が少ないもの、ニオイを抑えるものなど種類があります。自分の悩みに合わせた石鹸を選びましょう。