アプリでサクサク読む♡

話しやすい

話しやすい人にはある特徴がありました♡もっと話したいと思われるにはこれを試してみて!

 

人と話している時、この人とは話しやすいけど、この人とは気まずいな…なんて瞬間はありませんか?

 

もちろん相性もあるとは思いますが、それ以外にも、話しやすい人にはある特徴があったんです!

 

「話しやすい人」はこれができていた!

挨拶が気持ち良い

話しやすい

出典:https://weheartit.com/

 

第一印象はとても大切。最初の挨拶で印象が良いと、この人ともっと話したいと思えるんです♪

 

笑顔は絶対的に必要ですが、その他にも声のトーンを少し上げたり、大げさなくらいにリアクションをとるなどして、相手の緊張をほぐしましょう。

 

フランクな挨拶がそぐわないフォーマルな場では、口をしっかりと動かして発音するだけでも、明るい印象に映りますよ!

 

聞き上手

話しやすい

出典:https://weheartit.com/

 

聞き上手はモテるといいますが、ただ相づちを打ちながら聞いているだけではだめ。

 

聞き上手とは、相手の話を理解し、適した質問を投げかけれるということなんです。

 

相手が聞いてほしいであろうことを質問してあげると、気持ちよく話進めることができます。

 

 

理解力がある

話しやすい

出典:https://weheartit.com/

 

どんなに優しく話を聞いてくれても、理解力がない人と話すのは疲れてしまいます。

 

「それって○○ってことですよね」などと話の内容を自分なりに解釈して繰り返してあげることで、理解が相手に伝わりやすくなります。

 

自分の話をわかってくれていると感じることで、話しやすくなるんです♪

 

表情が柔らかい

話しやすい

出典:https://weheartit.com/

 

話を聞く時、難しい顔をしていては相手も表情が硬くなってしまいます。

 

できるだけ表情を柔らかくして、相手を受けれ入れるような雰囲気を作るようにしましょう。

 

話の理解度は、相づちや質問だけでなく、表情でも表現することができます。少し大げさに表情を作るくらいがちょうどいいんです!

 

 

共感できる

話しやすい

出典:https://weheartit.com/

 

誰かに話をする時、共感を求めて話をすることが多いんです。共感してもらえると、相手に肯定されたような気がして、話をしやすくなりますよね。

 

そのため、「私もです」「わかります」などの肯定的表現を挟んであげることで、相手の安心感を引き出すことができます。

 

違う意見を持っている場合でも、どこかに共感できるポイントはあるはず。そんな時は、ここは理解できるけどここはこう思う、といった伝え方をすると、否定的に聞こえずらいですよ!

 

練習が大切!

 

いきなり話しやすい人になるのは難しいこと。

 

たくさんの人の前で実践して、だんだんと身について行くものなんです。

 

まずは家族や友達など、身近な人と話す時に練習してみてください♪

 

                 

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集