アプリでサクサク読む♡

これをケチったら後々損する!節約中でもケチってはいけない5つの項目

どこまでケチってる!?

出典:https://www.pinterest.jp/

 

節約をして貯金をしたい!その気持ちはわかりますが、何でもかんでもケチればいいというものではないんです。

 

今回は、節約中でもケチってはいけない5つの項目をご紹介します。

 

女性ならこれだけはケチらずに、お金をかけた方が、後々大きなリターンが得られるはずですよ♪

 

節約中でもこれだけはケチらないで♡

食事

出典:https://www.pinterest.jp/

 

節約というと、まず初めに食費を削ることを考える人が多いのでは?

 

しかし、食費をケチって栄養不足や体調不良になってしまったら、元も子もありませんよね。

 

食費の節約を考えるなら、見直すべきは外食費です。

 

毎日外食ばかりしていたり、何気なくカフェに寄ったりしているなら、その習慣をやめて、浮いたお金を貯金に回しましょう。

 

寝具

出典:https://www.pinterest.jp/

 

食事と同じくらい大切なのが、睡眠の質です。

 

節約するために、寝心地の悪いマットレスを使っていたり、古びた布団を我慢して使い続けていませんか?

 

良い睡眠を取るためには、寝具が重要となってきます。

 

睡眠の質は仕事にも影響するので、寝具はケチらずに、自分への投資だと思ってお金をかけましょう。

 

美容代

出典:https://www.pinterest.jp/

 

女性が節約する上で、気をつけたいのが美容代です。

 

美容代をケチって、肌や髪がボロボロでは、どんなに高価な服を着ていても貧相に見え、魅力が低減してしまいます。

 

無理して高価な化粧水などを買わなくてもいいですが、自分の肌に合ったものを、ケチらずにたっぷりと使いましょう。

 

また、美容院代を抑えたい時は、カラーやカットモデルをして、コストを減らすのもいいですね。

 

交際費

出典:https://www.pinterest.jp/

 

お金がかかるからといって、友達の誘いを断るのはNGです。

 

交友関係を広げておけば、いざという時に頼りになる人が増えるもの。

 

自分への将来の投資にもなるので、交際費はケチケチせず、お金をかけて、色んな人とのお付き合いを大事にしましょう。

 

ただし、行きたくないお誘いで、自分にとってメリットなし!と思った場合は、上手に断わるのも必要な事です。

 

上手な節約を♡

 

いかがでしたか?今回ご紹介した項目はケチらずに、光熱費や無駄遣いの見直しなどをして、上手に節約してくださいね♪

 

                 

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集