アプリでサクサク読む♡

【パターン別】水分補給の6つのポイント!正しいタイミングで何を飲むかでキレイに近づくんです♡

よくモデルさんは自分の体調管理で一日の水分補給をお水で補うと聞きますが、今でも「水ダイエット」などのキーワードを聞くように人間の体にとっても「水分」はとても重要です。

 

何気なく水分を摂取すると思いますが、生活するうえでお水は欠かせません。現在はコンビニやスーパーなどで複数のミネラルウォーターが販売されていますが、目的別に飲み分けている方も多いようです。

 

【パターン別】 水分摂取の6つのポイント

水分補給の6つのポイント出典:weheartit.com

一日に必要な水分量とは?

ダイエット中に関わらず、一日に必要な水分量は1.5リットル〜2.0リットルと言われています。ただ水分を摂取すれば良いわけではなく、適切な水分摂取のタイミングがあるそう。

 

体内環境を整え、老廃物を排出させる為に、効果的な水分摂取の6つのポイントをご紹介していきます。

 

①起床時の水分補給

水分補給の6つのポイント

出典:guide.nwzonline.de

寝ている間にもたくさんの汗をかいているので、水分不足な状態になっています。睡眠中に血液の粘度があがり、寝起きの状態は血液がドロドロした状態でもあります。

 

コップ一杯の常温のお水をゆっくり飲むことで、細胞を活性化させて基礎代謝をあげましょう。

 

朝の水分補給で下痢になりやすい人は…

水分補給の6つのポイント出典:jp.pinterest.com

朝の水分補給をした後に、お腹がユルく(下痢)なりがちな方はガブガブとお水を飲むのを避け、常温のお水ではなく白湯をコップ一杯に飲むふうに変えてみると良いでしょう。

 

簡単な白湯の作り方

簡単な白湯の作り方はコップにお水を入れて、電子レンジで3分間温めるだけで完成です。白湯を飲むことで、体温があがり基礎代謝が上がるのでダイエット効果もあります。

 

②デスクワーク時の水分補給

水分補給の6つのポイント出典:maverickfinancial.co.za

仕事に夢中になると水分を取ることを忘れていた!そんなことも多いので、目の届く位置にお水を置いておくだけで目に入って水分摂取がしっかり取れるようにしましょう。

 

昼食前にお水を飲む場合は炭酸水が良い

水分補給の6つのポイント出典:weheartit.com

昼食前に炭酸水などにすると、炭酸水のシュワシュワ感が空腹感を紛らわしてくれるだそう。最近は女性誌などで炭酸水が美容や健康効果によいという特集が多く組まれています。

 

炭酸水に含まれる炭酸ガスが血液に含まれると体内で酸素不足になり、これはランニングやウォーキングと同じ効果があると言われます。

 

③トレーニング中の水分補給

水分補給の6つのポイント出典:vimeo.com

トレーニング中は汗をかき、血液がドロドロな状態になります。汗をかいたらしっかり水分を摂取していきましょう。

 

脱水症状や熱中症から身を守る

撮らないまま運動をすると身体にとても負担があり、脱水症状や熱中症のリスクが高まります。「喉が渇いた」などと身体への異変が出てからだと遅いので、細かく水分補給をするように意識しましょう。

 

④マッサージ後の水分補給

水分補給の6つのポイント出典:groupon.de

リラクゼーションやマッサージなど身体を揉みほぐしたりすると血液の流れが活発になります。施述をした後には老廃物が排出しやすい血液の流れになっています。

 

このタイミングで体内の水分量が少ないとせっかくマッサージでほぐした老廃物が体外に排出しづらくなってしまいます。

 

むくみに悩む方は白湯にしよう

むくみやすい体質の人は水分を多くとるとむくみがちだと考えがちですが、水分が不足しがちだと余計に水分を溜め込む体質になってしまいます。

 

 

 

むくみが気になる方は就寝前の水分補給は白湯などの温かいものをコップ一杯程度に抑えましょう。

 

⑤入浴時の水分補給

水分補給の6つのポイント出典:cpahw.com.au

入浴中には大量の水分が失われていきます。入浴前にはコップ一杯のお水を飲みましょう。

 

なぜ入浴前にも飲む必要があるのかというと、入浴中には約800mlもの水分が失われますので入浴前と入浴後には水分補給を忘れずにしましょう。(41℃の湯船に15分程度入浴した場合)

 

⑥就寝前の水分補給

水分補給の6つのポイント出典:haikudeck.com

睡眠中には人間は約500mlもの水分が失われます。昔は寝る前にコップ一杯のお水を飲む習慣があり、そのことを「宝水」と呼んでいたそうです。

 

寝ている間に失ってしまう水分をあらかじめ補給しておくことで目覚めた時に身体が乾ききってしまわないようにします。