アプリでサクサク読む♡

春にかけても使える優秀アイテム!「インナーダウン」はインナーとしてもアウターとしても大活躍♡

一枚あればもう安心♡インナーダウンの魅力とは?

出典:https://www.instagram.com/

 

「インナーダウン」は寒さが続く、冬だけのアイテムではありません。まだ寒さが残る春にも使えるとっても便利なアイテムなんです。

 

今年は数多くのショップでもトレンドアイテムとして置かれており、インスタグラムなどのSNSでも大人気となっています。

 

軽さと暖かさがスゴイ!

出典:https://www.instagram.com/

 

「インナーダウン」が優れている点としてご紹介したいのは、なんといっても「軽さ」と「暖かさ」。ついつい着ていることを忘れてしまうくらいの軽さと、冬には欠かせない断熱性を持ち合わせているんです。

 

まだ持ってない方もぜひチェックしてみてください

 

インナーダウンを選ぶコツって?

出典:https://www.pinterest.jp/

 

ダウンとフェザーの割合に注目

ダウンジャケットの中には、「ダウン」と「フェザー」という二つの羽毛が入っています。暖かさを重視したいのであれば、ダウンの割合が70~90%、フェザーが30~10%くらいのアイテムをチョイスすれば、保温効果を期待できます。

 

襟なしデザインを選ぶ

今売れている「インナーダウン」は、ほとんどが襟無しのデザインのようです。襟が付いている場合は、他の洋服と組み合わせたときに邪魔になってしまう可能性もあるので、着こなしには襟無しをチョイスしてみましょう!

 

ジャストサイズを選ぶ

特に寒さが厳しい真冬の時期は、アウターと重ね着することが多くなってきます。インナーダウンの上にアウターを羽織る場合、大きすぎるとはみ出してしまう恐れがあるので、上手な着こなしをするにはジャストサイズをチョイスしましょう!

 

着こなしやすさ抜群♡おすすめブランド4つ

「DANTON(ダントン)」

出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

「DANTON」のインナーダウンは、胸のロゴマークが印象的なスポーティなスタイル。細めのピッチで等間隔に縫製されたデザインで、ボリュームを抑えたスタイリッシュな着こなしが楽しめます。

 

「BEAMS BOY(ビームスボーイ)」

出典:http://zozo.jp/

 

中綿にサーモライトマイクロという材質を使ったBEAMSのキルトブルゾンは、大きめのキルトの縫い目と縁取りが特徴的。軽くてしなやかなので、重ね着しても窮屈になりません。

 

「mont-bell(モンベル)」

出典:http://zozo.jp/

 

mont-bellと人気のBEAMSがコラボしたジャケットは、こだわりのディテールで快適な着心地。薄手でもしっかり温かいのは、アウトドアブランドならではの機能性を感じます。

 

「The Loft Labo(ロフトラボ)」

出典:http://www.iroma.jp/

 

表面はダウンらしいキルティング、裏面はスッキリとしたプレーンデザインのリバーシブル2WAY仕様。

 

軽量で柔らかな高機能素材を使用したダウンベストは、なめらかな手触りが特徴です。

 

インナーダウンのあったかコーディネート紹介

ベスト感覚で

出典:http://wear.jp/

 

少し肌寒い時には、薄手のインナーダウンをベスト感覚で重ね着。シンプルなコーディネートに、ダウンベストの差し色がステキです。

 

出典:http://wear.jp/

 

オシャレな色柄インナーとのコーディネートが楽しめるのは、ベストならでは。首周りがスッキリしたVネックのインナーベストは、シャツの衿デザインを活かした着こなしが楽しめます。

 

出典:http://wear.jp/

 

ベーシックな色合いの他に、ビビットな赤も差し色として魅力的。暗くなりがちな冬の着こなしのポイントになってくれそう。

 

冬のアウターとしても

出典:http://wear.jp/

 

本格的な冬の前のアウターとして便利なインナーダウン。短めの丈とすっきりとしたデザインでコーディネートしやすいのも嬉しいですね。

 

出典:http://wear.jp/

 

ベストでは寒くなったら、長袖のインナーダウンをメインにコーディネート。袖がないと寒いけど、コートや本格ダウンでは暑すぎるという季節の変わり目にピッタリです。

 

出典:http://www.strato.co.jp/

 

こちらは、STAMMBAUM(シュタンバウム)の少し長めのインナーダウン。襟元が寒くなり始めたら、マフラーやストールを巻いておしゃれに着こなしたいですね。

 

もちろんインナーとしても

出典:http://wear.jp/

 

本格的な寒さの冬には、コートのインナーとしても。前を開いたコートからチラリと覗かせると、インナーダウンのカラーがコーディネートのワンポイントになってくれます。

 

出典:http://wear.jp/

 

薄手のダウンベストなら、コンパクトなジャケットに重ねてもオシャレ。全身同系色のコーデに差し色として使ってもステキです。

 

出典:http://wear.jp/

 

ざっくり編みのニットをコーディネートのメインにする時には、インナーダウンを中に重ねるだけで、風をシャットアウトして中はポカポカ。

 

ベストとしてもインナーとしても大活躍♡

出典:https://www.pinterest.jp/

 

インナーダウンは一枚で着ても、重ね着しても様になる便利な一着。真冬はもちろん、朝夕の気温差が激しい春先まで、コーディネートのアクセントになるインナーダウンを取り入れて、季節のコーディネートを楽しんでみませんか?

 

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集