アプリでサクサク読む♡

タマゴ

鶏肉って実は…"高コレステロール食品"だった…意外と知れれていないコレステロールが高い食品とは?

健康診断の度に気になるのが体重、体脂肪、コレステロール。毎日、美味しい物が食べたいけど、そろそろカラダにも気を使わなくちゃ。そこで、今回は意外と知らない高コレステロール食品をご紹介します。

 

意外と知らない"高コレステロール食品"

健康診断などで、体重や体脂肪に次いで気になるのがコレステロール値。毎日、美味しいものを食べたいけれども、健康のことを考えると……。

 

でも、コレステロールが気になるとき、どんな食品を避ければよいのでしょうか。そこで、今回はコレステロール値の高い食べ物について、医師に伺いました。

 

コレステロールの高い4大食品

高コレステロール食品出典:weheartit.com

コレステロールが高い食べ物の代表選手は卵黄と卵黄を使った食べ物です。

 

卵は鶏卵だけだと思いがちですが、鶏卵だけではありません。イクラやタラコなどの魚の卵も含みます。 それゆえ、卵もまるごと食べるシシャモやシラスなども注意が必要。

 

内臓系の食品

レバー出典:jp.pinterest.com

内臓の中でもっともコレステロールが高いのがレバー。また、小腸や胃といったホルモンも要注意の食材です。

 

イカ

イカ出典:weheartit.com

イカは淡白なようで、じつはコレステロールが高い食べ物。特に"するめ"は高コレステロールと言われています。

 

生イカなら1日あたり中サイズのイカ1杯までが目安です。するめの場合は生の3倍以上のコレステロールが含まれており、注意が必要です。

 

鶏肉

鶏肉出典:weheartit.com

お肉の中ではヘルシーだと思われがちな鶏肉も、意外なことにコレステロールの高い食品。特に皮がついている鶏肉は他の部位に比べて非常に高いといわれています。

 

ただ牛肉や豚肉との差は、さほど大きいものではありません。鶏のささみなどはコレステロールのみならず、脂質も低いので大丈夫ですよ!

 

卵を使った加工食品にも要注意!

卵黄を避けていればコレステロールが下がると思われた方もいるかもしれませんが、ケーキやシュークリーム、クリームパン、今はやりのパンケーキなどもじつはたっぷりと卵黄が使われているので、避けたい食品になります。

 

スイーツを、どうしても止めることができない、という方は洋菓子ではなくあずきを使ったコレステロールが比較的低い和菓子にシフトするなどの工夫をしましょう。

                 

 ランキング