アプリでサクサク読む♡

時間を無駄にしていない?「忙しい人間」と「余裕のある人間」の決定的な差とは?

「忙しい人間」と「余裕のある人間」違いはどこにある?

物事の優先順位をつけられているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

すべてが重要なことでも、物事には順序を立てて優先順位をつけて行動することで、気持ちに余裕を持つことができます。

 

「忙しい人間」は全部を「急いでやらなくては…」と焦ってしまいがちなので、そのとき最優先にすべきことだけに取り組むように心がけてみましょう。

 

やるべきことが最初から分かっているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

やらなくてはいけないことがあらかじめ明確になっていれば、やらなくてもいいことについてわざわざ考える必要もありません。

 

「余裕のある人間」はやっても無駄だと思ったことは省いて、必要なことに時間を割くことができるので、余裕が持てます。

 

やるときは集中してやっているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

一つのことだけに集中すると、同時にいくつものことを考えて、いずれかが疎かになってしまうので効率の差が大きく出てしまいます。

 

「忙しい人間」と言うのは整理しないまま複数の物事に取り組んだり、周囲からの目を必要以上に気にしてしまったりと、一つのことに集中するのが難しい状況を作り出してしまいます。

 

なんでも自分の中で解決しようとしていないか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

一人で何かをしようとするのには限界があります。分からないことや、少しお願いすれば、解決ようなことをなんでも自分でやろうと思っている方は、時間がいくらあっても足りない状況になってしまいやすいです。

 

バタバタになってしまわないためには時に人の手を借りることも重要ですよ。

 

出来ないもしないようなスケジュールを立てていないか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

他人から見ても「明らかに無理だろ。」と思うようなスケジュールを立てるだけ立ててしまうと、常に何かに追われて「忙しい人間」となっています。スケジュールをギリギリに詰めてしまうと精神的にストレスにもなるし、他に重要なスケジュールが入ったときに対応が困難になります。

 

余裕をもってスケジュールを立てることでどんなことにも対応することができます。

 

これからやることの見極めができているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

「忙しい人間」と「余裕のある人間」の違いは、これからやることを的確に見極められているかという点にあります。

 

見極めさえしっかりできていれば、最低限どの程度のことをやっておけば大丈夫。というのが見えてくるので無駄な行動に時間を割くことがなくなります。

 

所要時間がおおよそ予測できているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

やるべきことにかかる所要時間をあらかじめ知ったうえで行動することで、次やることの段取りもつけやすくなります。

 

「大体これくらいで終わるだろう…」と思っていたことが大幅にズレてしまうと焦りに繋がり、良い方向には繋がりません。

 

必要な休憩やリフレッシュの時間を設けているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

自分の状態を正面から受け止め、疲労しているときや、しんどいと思ったときはしっかりとそれを認めることも重要です。

 

心や身体に余裕がないと、本来のパフォーマンスを引き出すことが出来ずにすべての効率低下に繋がってしまいます。「疲れてるな。」と感じたときは無理をせず体を休めてあげましょう。

 

計画性をもって行動しているか

出典:https://jp.pinterest.com/

 

なんとなくで行動している人は、目的がしっかりしていない場合が多く、時に自分がなにをすればいいのかを見失ってしまいます。

 

計画性を持って行動していないことは、無駄な非効率な動きが多くなり、物事をスムーズに運ぶことができなくなってしまうことに繋がります。

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント