【2017年春夏版】ライターおすすめチークで作る雰囲気美人?選び方と使い方

そもそもチークの役割とは?

チークとは?

チークとは頬骨を中心に顔を目立たせながら、それと同時に血色が回ってるような雰囲気を演出してくれます。イキイキとした印象を作ってくれるメイク道具です!

 

チークの役割

width='399'

チークは、ただ単に血色をよくさせるために使うアイテムではありません!どのカラーをどの部位に塗るかによって、その人の印象と雰囲気が変わるのです。

 

そのため、メイクアップ段階でなくてはならない大事なムードメーカーの役割を担当しています。女性にとって、なくてはならない必須アイテムでもあるんです。

 

選び方のポイントを教えて!

肌の色に似合うチークカラーを選び方

人によって肌の色が異なるように、それによって似合うカラーも人それぞれ違います。一般的に肌が白い女性には、ベビーピンクやラベンダーカラー。肌が健康な小麦色の場合には、オレンジカラーがよく似合うでしょ。

 

一般的なアジアの女性の肌を持っているなら、コーラル系の色や濃いピンク系がよく似合うんです♡

 

チークのタイプによって違う選び方

最近はスティックタイプから、クリームタイプ、ティントタイプのチークまで登場し、多くの女性たちの注目を受けました。チークは、肌のタイプや自分が演出したい雰囲気に合わせて選択するのがポイント。

 

ソフトな印象になりたいなら、パウダータイプを。自然な雰囲気を演出したいなら、ティントタイプをお勧めします!

 

基本的な使い方&ポイント

チークの使い方

width='399'

パウダー

前の頬骨と横の頬骨ラインに沿って、潰す感じでチークを塗ります。チークの粉を落として、自然な雰囲気を演出しましょう!

 

クリーム
指し指で、前の頬骨に少しずつタッチする感じで広く伸ばすのがポイント!

 

スティック
頬骨の部分に少しずつタッチするように線を描いた後、手のひら全体で広く伸ばすのがポイント!

 

チークを使うときの注意点とありがち失敗例

チークを使う時の注意点は?

width='399'

チークは自分の色に適しているカラーを選択して塗るのも重要ですが、塗る量もそれに劣らぬほど大事です。あまりにも過度な量のチークを塗ると、むしろダサい印象になってしまいます。自分の肌に合わない色を使うと、不自然な化粧になってしまいますよ。

 

チークを塗る時失敗したエピソードまとめ

width='399'

濃い色を塗りすぎて、歌舞伎役者みたいになったことがある。パウダータイプのチークをのせすぎて、午後になった時カサカサになっていた。手に塗ってみた時は良い色だったのに、顔に塗ってみたら自分に合わなかった。

 

可愛いチークで雰囲気美人になろう

女性の永遠の友達とも言えるコスメアイテム、チーク。まだチークを塗ったことがない方や、自分に似合う色のチークを持っていないと思っている女性の方。今度こそ自分にぴったりなチークを使って、春に似合う雰囲気美人になってみましょう♡

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

メイクブラシセットで簡単可愛くワンランク上のメイクマスターを目指そう♡

メイクバランスが重要!”赤リップ×チーク”のおすすめカラーバリエ♡

ポイントはちょっとしたコツ!メイクでもっと美人になろう

インスタで話題ダズショップの人気シングルアイシャドウ!ぷるんっとしたゴールドブラ...

慣れないピンクアイシャドウの食わず嫌いはここまで!この春マストバイな個性あふれる...

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント