アプリでサクサク読む♡

あなたのやり方、間違ってない?正しいシャンプーの方法、教えます。

シャンプーの正しい方法は?

あなたのやり方は正しい?

width='399'

シャンプーのやり方って、だれに教えてもらったか覚えていますか? きっと、小さいころに家族のだれかと一緒に入りながら教えてもらいましたよね。果たしてその方法は正しいと言えるのでしょうか。

 

洗うだけじゃないシャンプーの方法

width='399'

ただ洗うだけがシャンプーではありません。洗い方はもちろん、洗う前や洗った後のすすぐ時にも気を付けるポイントはあるのです。正しく洗えていないと、髪のトラブルを招く可能性もあります。

 

髪のトラブルとは?

width='399'

シャンプーを正しくしていないと、頭皮の汚れが取り除かれずに残ってしまい、頭皮トラブルを招きます。また、シャンプーのすすぎ残しも同じくトラブルの原因に。正しいシャンプーの仕方でトラブル回避をしましょう。

 

洗う前にすること

ブラッシングをする

width='399'

「今から洗うのにブラッシング?」そう思うかもしれません。しかし、ブラッシングは重要なポイントです。ブラッシングをすることで、汚れ落としたり、髪のほつれを解いて絡まったりすることを防げます。

 

丁寧にお湯で流す

width='399'

すすぎは、髪を濡らすだけの役目ではありません。お湯でしっかりと流すだけで、ワックスなど余分な汚れを落とすことができるのです。じっくりと髪の毛だけでなく頭皮も意識しながら、すすぎを行いましょう。

 

洗い方

シャンプーは適量を

width='399'

シャンプーを多くつけると泡立ちがよくなり、キレイにできると思いがちですが、泡で汚れを落とすわけではないので適量にしましょう。シャンプーのつけ過ぎは、すすぎ残しを招きやすくなってしまいます。

 

地肌を洗うように意識して

width='399'

シャンプーで洗うのは、髪の毛ではなく頭皮です。一生懸命髪の毛を洗っていても、頭皮が汚れていては健康な髪の毛は生えてきません。地肌を洗うことを意識して洗いましょう。

 

ゴシゴシ洗いはNG

width='399'

爪を立てて、ゴシゴシ洗うのはNGです。指の腹を使って、優しくマッサージをするように洗いましょう。強く洗うと頭皮を傷つけてしまい、髪トラブルの原因になってしまうのです。

 

すすぎ方

温度は40℃以下を目安に

width='399'

洗う前のすすぎも、シャンプー後のすすぎも共通ですが、お湯の温度40℃以下を目安に設定しましょう。温度が高すぎると頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまい、皮脂過剰を起こし、脂っぽい髪になってしまいます。

 

頭皮に残らないように

width='399'

シャンプーも頭皮を中心に洗うようにご紹介しましたが、すすぎも同じく頭皮を中心に流しましょう。頭皮にシャンプーのすすぎ残しがあると、フケやかゆみなどの原因になってしまいます。

 

タオルドライで優しく

width='399'

すすぎが終わったら、タオルドライで水分をとりましょう。ここでも、ゴシゴシと髪を拭いてしまわないように。摩擦で髪が傷つき、ダメージを与えてしまいます。優しくタオルで水分を拭き取りましょう。

 

いかがでしたか?

あなたがしているシャンプーの方法は合っていましたか? 毎日行っているシャンプーの方法を間違えていると、実は髪の毛にダメージを与えてしまっている可能性もあるのです。今日から正しい方法でシャンプーをすれば、美髪をゲットできるかも♪ ぜひトライしてみてくださいね。

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

くせ毛さん必見!くせ毛に効果が期待できるシャンプーとケア法 545

めざせ美人髪!サロン帰りのサラツヤな髪の毛を手に入れる方法 2765

アヴェダ初のスカルプケア「プラマサナ」が誕生。頭皮ケアに悩むあなたへ芯から輝く髪... 119

ドライヤーのかけ方を知って、髪をトラブルから回避しよう! 2974

頭皮に優しい無添加シャンプー♪オススメ無添加シャンプー5選 3119

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集