333入浴法

333入浴法で約18分で300kcalも消費♡嘘のような脂肪燃焼効果がある入浴法

女医が推奨する333入浴法

333入浴法|女医が推奨する333入浴法出典:weheartit.com

 

女性の悩みでも多い「冷え」に関して、日本人女性の7割もの人が「冷え」に悩まされているのです。そこで、「冷え改善のスペシャリスト」といわれる今まで1万人以上の冷えに悩む患者を治療した女医さんがオススメする「333入浴方法」をご紹介します。

 

333入浴法のルール

333入浴法|333入浴法のルール出典:weheartit.com

 

要点

・お風呂の温度は42度に固定

・寝る前2時間前に行う

・3分入浴→3分間出るの繰り返し

・肩までしっかりと浸かる(全身浴)

333入浴法のやり方

今回ご紹介する333入浴法のやり方はとっても簡単。1時間ウォーキング、ジョギングしてもなかなか効果が表れないことも多いのですが、この333入浴法については約18分間の入浴で消費できるカロリーが約30分程度のウォーキングと同等のカロリー(約300kcal)を消費するのだといいます。

 

333入浴ダイエットの流れ

3分間、湯船につかる
  ↓
3分間、出る(体を洗う&洗顔)
  ↓
3分間、湯船につかる
  ↓
3分間、出る(シャンプー)
  ↓
3分間、湯船につかる
  ↓
3分間、出る(コンディショナー)

 

3分間区切りにして出る→入浴の繰り返しを3セット行うだけ。湯船から出たタイミングで体を洗ったり、洗髪や洗顔などをする流れが一番効率的に時間を使うことができます。このとき、半身浴ではなく、全身(肩が浸かる)が温まるようにしてください。

 

なんで333入浴法が効果があるの?

333入浴法|なんで333入浴法が効果があるの?出典:weheartit.com

 

半身浴と違い333入浴法は全身浴であることがポイントでもあります。

 

全身がお湯に浸かることで水圧で体が締め付けられます。お風呂から上がると水圧から解放されて、血液の循環が一気に行われます。これは運動をしているときと同じような状態になるといわれています。

 

お湯の温度には注意!

333入浴法|お湯の温度には注意!出典:weheartit.com

 

333入浴ダイエットで推奨しているお湯の温度は42度。例えばこれがもっとヌルい温度だとどうなるか、おわかりでしょうか?

 

もちろん効果は低くなり、半身浴と同じような状態になります。半身浴はリラックス効果がありますが、ダイエットという視点からみると333入浴法と比べるとそこまで効果が高くないのが現実。

 

お湯の温度を上げすぎても危険

じゃあ、お湯の温度をもっと高く設定すればもっとカロリー消費するのでは?と安易な考えになりますが、これはとっても危険なのです。

 

お湯の温度を上げすぎると体に負担がかかり過ぎてしまいます。高齢者で多い入浴中の溺死が多いのはお年寄りは熱いお風呂が大好きですね。その理由としては年を取ると熱さを感じるまでに時間が掛かることと、若い時と比べると体が冷えやすく熱いお風呂を好むのだとか。

 

冬の入浴時の溺死の原因

333入浴法出典:weheartit.com

 

寒い浴室から熱い湯につかると、急激な寒暖の差による体調不良の原因にも。高温のお湯による血圧の急上昇がきっかけになる心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞が主な原因という。

 

水分は入浴前後に常温のお水で

333入浴法|水分は入浴前後に常温のお水で出典:weheartit.com

 

せっかく333入浴法を行っても、体の水分量がすくないと、血がどろどろの状態のままの可能性があります。これは血管を詰まらせてしまう恐れがありますので、コップ一杯のお水を入浴前後に必ず取りましょう。

 

冷たい水はNG

熱いお風呂に入ったあとは特にキンキンに冷えたドリンクを飲みたいところですが、せっかく温めた体を冷やしてしまったら、333入浴法の意味がありません。必ず常温のお水か白湯などで体を冷やさないようにしましょう。

 

寝る直前はNG

333入浴法|寝る直前はNG出典:weheartit.com

 

寝る直前は副交感神経が働き、体がリラックスしている状態。しかし、お風呂に入ってしまうと、交感神経が働いてしまい、熟睡できないという状態を引き起こしてしまいます。

 

そのため、寝る直前にお風呂に入るときは、38~40度程度の少しぬるめのお湯でじっくり浸かるのがおすすめです。333入浴法を実践するときは、寝る2時間前までには済ませるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

今回は333入浴法の効果とやり方をご紹介しました。ダイエットに効果のある入浴法で痩せやすい体づくりを目指しませんか?

 

ルールを守ら中れば意味がなくなってしまう恐れもあるので、「水分補給は常温or温かいもの」「睡眠時間の3時間前」「お湯の温度」などのルールは必ず守りましょう。

                 

関連する記事一覧

3日で5キロ減量も!酵素やスムージーを超えたダレノガレ明美や山田優も絶賛する「コ...

韓国アイドルが夢中の小豆ダイエット♪キレイに痩せれるって話題!

カレー好きにはたまらない♪カレーダイエットで10キロ減量の成功者も!

「フィールサイクル」で楽しく自転車ダイエット♪「嵐にしやがれ」でも紹介された話題...

いつもの歩き+ひねりで効果UP! "ツイストウォーキングダイエット"のやり方

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント