アプリでサクサク読む♡

ダイエットには睡眠がとっても重要なんです!寝るだけで脂肪燃焼するテクニック

睡眠しながらダイエットなんて夢のよう♡

出典:https://jp.pinterest.com/

 

睡眠は人間にとってカラダを休めて、疲れをとるだけではなく、正しい睡眠さえとれていれば、痩せる効果や美容にもいいのです。

 

睡眠で痩せるには2つのホルモンが大きく関係しており、脂肪分解作用のある成長ホルモンと、余計な食欲を抑えてくれるレプチンをしっかり分泌させるために、睡眠前のルールをしっかり学んでいきましょう!

 

痩せるための睡眠テクニック

就寝前にジョギングなどの運動はNG!

出典:https://jp.pinterest.com/

 

寝る前に激しい運動をしてしまうことによって、交感神経が高まってしまい、すぐに質の良い睡眠をとることができないのです。

 

ぐっすり眠りたいという方は体をほぐし、リラックスの効果もあるストレッチなどがおすすめ。呼吸なども気を使い、お腹を膨らませたりへこませたりするダイエット法「ドローイン」なら横になりながらでも気軽にできますよね。

 

スマホは寝る1時間前まで!

出典:https://jp.pinterest.com/

 

スマホのブルーライトを浴びてしまうと、眠れなくなってしまうと聞いたことがありませんか?電子機器が発する強烈なブルーライトは脳を覚醒し、成長ホルモンであるメラトニンの分泌を妨げ入眠や熟睡を妨げてしまうのです。

 

横になりながらスマホを眺めるのが習慣になっている方には少し大変かもしれませんが、痩せる睡眠をとるためにも、就寝の1時間前は見ないように心掛けておきましょう。

 

夜の食事はタンパク質を効率よく

出典:https://jp.pinterest.com/

 

ダイエットしている方にどうしても必須なのが、たんぱく質の存在。炭水化物などに偏ってしまうと、なかなか不足しがちですが、成長ホルモンを分泌させるにはたんぱく質は欠かせないのいです。

 

食事は就寝の3時間前には済ませておくように心がけて、成長ホルモンを活発に分泌させましょう。チキンのささみや、皮なし胸肉など、低脂肪ながらも高タンパク質の食事がおすすめです。

 

ダイエットに理想的な睡眠時間は7時間が目安

出典:https://jp.pinterest.com/

 

7時間以上寝る人に比べると、4時間以下の睡眠の人では肥満率が73%も高くなるという研究結果もあるようです。成長ホルモンは夜の10時から夜中の3時くらいまでが一番分泌されやすいので、このゴールデンタイムにしっかり眠ることが大切です♪

 

寝不足の方は7時間睡眠の方に比べて、なんと1か月で7000kcal近くも脂肪が分解されずに蓄積してしまうので、どれだけ睡眠が重要なのかお分かりいただけると思います。

 

就寝1時間前のお風呂で深部体温を下げる

出典:https://jp.pinterest.com/

 

寝る1時間前に湯船に浸かり体を温めることによって、血液の流れをよくしてくれます。血行がよくなることによって、体の熱がスムーズに放出され、体内の温度が下がることで、深い眠りにつくことができます。

 

深い眠りにつくことで、成長ホルモンが分泌され、脂肪を消費しやすくしてくれます。

 

スッキリ目覚めた朝は「コンブチャクレンズ」で効果倍増♪

出典:https://jp.pinterest.com/

 

ミランダカー、山田優さんなど多くのモデルや、芸能人の方も虜になっているという、「コンブチャ」。代謝を上げ、脂肪を効率よく、燃焼させてくれる「コンブチャクレンズ」は日本でも、多くの女性から人気を集めています♡

 

効果的な朝から「コンブチャクレンズ」をスタートさせて、憧れの美BODYを目指してみませんか?

 

とってもおすすめな「コンブチャ」をチェックしてみてください。今なら、通常価格5500円のところ66%OFFの1,950円でお試しできちゃうので夏までに痩せたい女性必見です♡

 

https://womagazine.jp/122045

                 

関連する記事一覧

太もも・ふくらはぎの脚痩せ!夏までの短期間で細くする攻略ポイント 81703

自宅で簡単♪踏み台昇降ダイエットでペタンコお腹とプリッとヒップを叶えちゃう 7838

1週間で-2kg!?夜バナナダイエットの効果とは 4447

寝るだけで痩せる?「睡眠ダイエット」でリバウンド無しで美ボディGET♡ 4745

寝る前に食べるダイエット効果のある食材 5選 1355

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント