アプリでサクサク読む♡

小説「凹凸」を発表した紗倉まなさん。デビュー作も映画化と勢いにのる彼女にインタビューしてきました!

そんな紗倉まなさんがAV業界に生きる女性たちの姿を描いた自身初の小説「最低。」の映画化が遂に決定しました。さらに今月には第二作目となる長編小説「凹凸(おうとつ)」を発表。そんな多彩な才能をもつ紗倉まなさんにWOMAGAzine編集部がお話しを伺いました。

 

紗倉まなさんってどんな人?

 

生年月日:1993年3月23日
現年齢:23歳
出身地:千葉県
血液型:B型
身長: 160 cm

 

2012年に高専在学中にセクシー女優としてデビュー。「闇金ウシジマくん Season2」にドラマ出演したりとセクシー女優の仕事だけでなく、ドラマ、ラジオ、バラエティーで活躍中。2016年には自身初の小説「最低。」を発表して話題になりました。

 

小説家・紗倉まなさんにインタビューしてきました!

 

第二作目となる長編小説「凹凸(おうとつ)」が3月18日に発売、そして今秋にはデビュー作「最低。」の映画公開が控えている紗倉まなさんにお話を伺いました。

 

近年才能をもった芸能人が多く小説を書いていますが、読んだりはしますか?

最近は又吉さんの火花も読みましたし、文学賞の候補に入った押切もえさんの小説も読ませて頂きました。凄いミーハーなので話題になったものはつい手にとってしまいます♪

 

月に何本くらいの本を読みますか?

月によって全然違うんですが、仕事の合間など利用して2-3日に1冊くらい読みます。休みの日は1日1冊ペースで読みます。

 

執筆中にも読みますか?

執筆している時には、読み込みすぎると自分の作品に影響しやすいのをわかっているので、執筆中にはなるべく読まないようにしています。

 

ご自身の作品を読み返した時、もっとこうしたかったみたいなことはありますか?

校了するまではもちろん何度も読み返したり、修正したりするんですが、発売したあとは、自分の手を離れた感があって全く読まないんです。それよりもどんな評価をされているかが気になります。

 

自身の本に関してレビューや口コミは気にしますか?

めっちゃ見ます!毎日見ますね。ネガティブな意見が書いてある時は、そういう視点もあるんだな。そう感じる人もいるのか。と、新たに気づかされて、悔しい気持ちと同時に次回の作品の原動力にしています。

 

どんな時に小説の内容が思い浮かびますか?

おおまかな設定は自分が書きたいものをベースにしているので割とすぐに思いつくんですが、細かい内容は全然思い浮かばない事も多いので、とりあえず街に出て何も考えずに散歩したり、お酒飲んだり息抜きしながら気に留めたことを、携帯にメモしていきます。単語だけだと後で「これなんだっけ?」と思い出せないこともあるので、なるべく細かく書きます!

 

小説を執筆する時、どのくらいの期間で書きますか?

今回の作品については、去年の6月頃に小説のタイトルを「凹凸(おうとつ)」でいこうと決めて、少しずつメモ帳に貯めていた素材を出す感じで書き始めました。期間としては、約8か月で、去年の12月頃から約3ヶ月位は密度濃く執筆しました。執筆するときは、集中してがっ!と書きます。しばらく書いたなと思って時計をみたらまだ2時間だったなんてこともあったり。その日の調子によって書けるスピードやページ数は全然違います。

 

人生に影響を与えた作家・作品はありますか?

好きな作家さんの本はボロボロになるまで読みかえすんですが、実は私、本当に色んなものに影響を受けやすくて(笑)同じ女性で「桜庭一樹(さくらばかずき)」さんや「川上未映子(かわかみみえこ)」さんの小説は文章暗記しているんじゃないかぐらいのレベルまで読んでます(笑)すごくお二人の作品が好きすぎて、自分が無意識のうちに似た文章を書いてしまっているのでは?と怖くなることもあります(笑)人生で一番繰り返し読んだのも桜庭一樹さんで、「私の男」という大好きな作品です。(2008年、第138回直木賞受賞作)

 

デビュー作「最低。」が映画化決定!

映画化についてどう思いますか?

映画化されて本当に嬉しいです!本は入り込まないと、なかなか最後まで読み切れないこともあると思うのですが、活字で読むのが苦手な方にも映画なら触れてもらえるキッカケになると思うので、たくさんの方に見て楽しんでもらいたいです!

 

映画化に関して、ご自身も出演したいと思いますか?

いや…実は私超大根役者なもんで、素敵な女優さん達にお任せします(笑)過去に出演したドラマなどで自分の演技を見ると恥ずかしくなって笑っちゃいます…。

 

女性のファンも多い紗倉まなさん。そんなファンの女性へ一言お願いします。

私は18歳からこの仕事を初めて、今年6年目に突入し、とても密度が濃い一日一日を過ごしてきたと思っています。特に若い時って、多感な時期なので、いろいろな人やモノに影響されることもあると思うのですが、それを自分のモノとして吸収できる良い時期でもあると思います。私の作品を読んでくれた方や映画を観てくれた方の心の拠り所に少しでもなれれば嬉しいです。

 

今後、小説家「紗倉まな」さんとしてどんな作品を生み出していきたいですか。

デビュー作の「最低。」や第二作目となる「凹凸(おうとつ)」はどちらかというとトーンの暗い作品だったので、次回は明るくなれるような作品を生み出したいと思います(笑)!

 

さくらまなさんの美容法も伺いました♡

 

美容やダイエットで心掛けていることはありますか?

基本的にはめっちゃ食べて、めっちゃ寝ます!食べる時間も全然気にしません。でも最近はロカボナッツを凄い食べます。ナッツは美容にもいいって聞いたので、最近ハマっています。本来、小腹が空いたときに食べるみたいですが、私は朝起きてすぐ食べます(笑)

 

10代の頃と比較して、体の変化ってありますか?

少し太りやすくなりましたね…。お腹周りにつきやすくて、昔よりも痩せづらくなりました。運動もあまりしないので、ナッツの効果に頼ってます。

 

スキンケアは何をしていますか?

特別なことはしてないのですが、朝と夜にパックしている程度かな。10枚300円ぐらいで売ってるパックを朝起きた後にシャワー浴びてパックしたり、夜、お仕事が終わって帰宅後に、シャワー後にパックしたりするぐらいです。大体2分から3分ぐらいします。長時間パックしすぎるのも逆に乾燥するって言われたので、気を付けてます。

 

パック後の保湿はしてないんですか?

ほとんどしないですね!乾燥する時期に保湿のクリームを少し塗ったりする程度です。高級な化粧水や保湿クリームを使ってそれに慣れちゃうとお肌が甘えてあんまり効き目がなくなってしまうような気がして、特別な時にしか使わないです。

 

稀に見るマルチな才能で目が離せない紗倉まなさん。今後の活躍に期待です。

 

書籍特設ページ
http://ddnavi.com/

 

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/

 

公式Twitterアカウント
https://twitter.com/

 

公式インスタグラム
https://www.instagram.com/






											
                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集