アプリでサクサク読む♡

"赤ワイン"に含まれる「エラグ酸」が脂肪を燃焼する効果が判明!

日本では赤ワインに含まれるポリフェノールの健康効果が注目され、赤ワインの消費量が大幅に伸びブームとなりました。 今ではお手頃な価格で赤ワインを購入できるのでワインを飲む人が増えたそうです。

 

"赤ワイン"は美容効果が期待できる!

赤ワイン

赤ワインポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、美容や生活習慣病などの予防に効果があることで知られています。2015年2月5日、「ワインが脂肪燃焼効果を持つかもしれない」という研究成果が、アメリカ・オレゴン州立大学のホームページに掲載されました。

すでに判明している赤ワインの美容効果とは?

まず赤ワインに含まれる美容成分はポリフェノールというものが含まれています。このポリフェノールははぶどうの皮に多く含まれていて、ワインを作る際にぶどうの皮まで使う赤ワインにはこれがたくさん含まれるというわけです。

・ニキビやシミ、お肌の老化の遅らせる

ポリフェノールには抗酸化作用があり活性酵素を取り除く働きがあります。この活性酵素はお肌のニキビやシワや老化の原因ともされています。

・血液サラサラ

ポリフェノールの抗酸化作用で悪玉コレステロールの酸化を抑えて、血液をサラサラにしてくれます。そうすることで、血栓や動脈硬化のリスクを低下させることも可能です。

さらに赤ワインには脂肪燃焼も!

同大学の分子生物学者Neil Shay氏らによると、グレープジュース又はワインを飲むと、脂肪の燃焼を助け、肥満や脂肪肝などの改善につながるとのこと。エラグ酸が実際に人間のダイエットに効果があるかどうかまでは、まだ分からないとのことですが、 消費量が今後さらに伸びそうなワイン市場の追い風になりそうですね。

赤ワインの飲み過ぎ注意!

赤ワイン出典:imgarcade.com

ワインにの健康効果やダイエット効果は研究により明らかになりつつありますが、飲み過ぎは、逆に健康を損なってしまいます。ちなみに医学的には赤ワインは1日にワイングラス1から2杯程度が適量とされています。お酒はあくまでも適量にしましょうね。

                 

 ランキング