アプリでサクサク読む♡

いつまでも新婚のような関係性でいたい。仲良し夫婦の特徴

互いに尊重し合う

挨拶とお礼を欠かさない

結婚して二人の新生活が始まると意外に忘れがちなのが、お互いへの挨拶とお礼ではないでしょうか。
おはよう、おやすみ、いってきます、いってらっしゃい、と日常的に交わされる簡単な挨拶が実は二人の仲をフレッシュに保つコツでもあります。

また、食事の際にいただきます、ごちそうさま、がないと不満を持つ方も多いですよね。作ってくれてありがとう、美味しかったよ、と感謝されて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。 結婚生活が長くなってきても、新婚当初のように互いにお礼を言いあう夫婦は、キラキラして見えます。

 

喧嘩するより建設的に話し合う

結婚生活が長くなってくると、どうしても相手の嫌な面が見えてきます。 でも、結婚前は両目を開けてよく見定め、結婚後は片目をつむって許し合う、とは先人の知恵。

どんな人にも長所短所があるものです。 自分も相手に嫌な思いをさせている可能性もあります。
許せる部分は許して、どうしても許せない部分は喧嘩腰で相手を責め立てるのではなくて、建設的に話し合える関係を築けると素敵ですよね。

 

恋人気分を忘れない

お洒落する手間を惜しまない

結婚すると、お洒落に手を抜きがちではないでしょうか。 結婚して、毎日寝食を共にしているのですから、当然といえば当然です。
でも、新婚生活のキラキラ感を保つためには、ある程度お洒落する手間を惜しまないことが重要ではないでしょうか。

念入りにスキンケアをして、メイクやネイル、好きなファッションを楽しんで、オシャレをする。
自分を綺麗にすることは、相手にとっても嬉しいことですが、自分自身の自己イメージを高めるためにも良いのです。 新婚当初の、輝いていた自分を忘れないように過ごしたいですね。

 

スキンシップをとる

新婚当初は頻繁にハグしたり手をつないだりしていたのに、徐々に相手と触れ合う機会がなくなっていくのはよくあることでしょう。
寝る前には手をつなぐとか、家を出る時にはハグをするとか、日常的にちょっとしたスキンシップを取り入れることが、いつまでも仲良くいられるコツですよね。

 

記念日を一緒に祝う

誕生日やクリスマス、バレンタイン、交際の記念日など、結婚前は記念日の度に祝っていたのに、結婚してから二人でレストランにも行っていない…なんて寂しいですよね。

誕生日には花を贈ることや、結婚記念日にはちょっと良いレストランで食事をとるなど、記念日をきっかけに二人で過ごす時間をちゃんと確保しているのも、仲良し夫婦の特徴です。

 

いかがでしたか?

結婚生活が長くなると、時間と共に新婚当初の新鮮さが徐々に失われてきてしまうもの。
いつまでの新婚生活のような仲良し夫婦の関係は、一朝一夕には作られないのではないでしょうか。
お互いに意識的に新婚当初の二人の関係を続けられる努力をしていると言えるでしょう。

 

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集

新商品・イベント