アプリでサクサク読む♡

喧嘩するほど仲がいい?喧嘩ばかりしてしまうカップルが意識したいこと10選

注意してほしいこと10選

width='399'

相手が悪いと決めつけない

怒っている時は、つい相手の非ばかりが見えてしまいますが、人は自分の鏡と言うように、相手からすればあなたが間違っていることも。「相手が悪い」ではなく「自分と相手にズレがあった」と捉えてみましょう。

 

感情のままに相手を責めない

怒りの感情をそのまま言葉にすると、不必要なまでに相手を傷つけてしまうことも。一度口にした言葉はもう元には戻りません。発言には十分気をつけて、言葉を選びましょう。

 

「もういい」と投げ出さない

思いが伝わらないもどかしさに「もういい!」と言ってしまった経験はありませんか?彼が根気強く向き合ってくれる場合は良いものの、そうでない場合はそこで終わってしまいます。別れたくないのならきちんと話し合いましょう。

 

男女の違いを心得る

男性と女性は違う生き物。「理解できない!」「どうしてこうなの!」と思った時、それは「男性(女性)だから」かもしれません。そういうものなのだと知っておくことで、逐一怒らずに済みそうですね。

 

過去を持ち出さない

特に女性に多いと言われるのが、喧嘩の度に「あの時もあなたが~」と過去を持ち出すこと。喧嘩のきっかけから離れ、ことがどんどん大きくなってしまいます。そんなことをしても何のメリットもないことを理解しておきましょう。

 

意地っ張りを止める  

怒りがおさまり、仲直りがしたくなっても、意地を張って「相手が謝ってくるまで仲直りしない」という態度をとっていませんか?二人ともそう思っていたら喧嘩は終わりません。素直に「けんかはこれでおしまい!」と切り替えましょう。

 

一緒に考える

いつも同じような理由で喧嘩してしまうというカップルは、喧嘩していないうちに解決策を話し合いましょう。「こう言われるのが嫌で、いつも怒ってしまうの」など、直して欲しところは怒りの感情がない時に伝えましょう。

 

相手を理解していることを伝える 

誰だって非難ばかりされていると嫌な気分になります。話し合いになったら「こう思ってこうしてくれたんだよね」「そんなこと考えていたんだね」など、あなたの気持ちに寄り添っているよ、というサインを送りましょう。

 

命令しない

相手の行動を変えて欲しい時、命令すると喧嘩になりがち。相手の上に立つ態度は印象がよくありません。そんな時は「こうしてもらえたらすごく助かる」「嫌じゃなかったらお願いしても良い?」と下手に出る態度を心がけると◎。

 

自分から変わろうと意識する

人を変えようとするのは止めて、自分を見つめ直してみましょう。相手の嫌なところが見えたら、少し大人になって、広い心を身に付けるチャンスだと捉えるのです。あなたが変われば少しずつ相手も変わってくるはずですよ。

 

いかがでしたか?

width='399'

喧嘩をすると大きなエネルギーが消耗されますし、時には自分も相手も傷つくことになります。でも、お互いを高め合い、二人の仲を深める喧嘩ならば、それは大切なステップかもしれません。よりよい関係を築くために、素直に相手に向き合ってみてくださいね。

14793822_1247337611989864_200265904_n

                 

関連する記事一覧

LINEで嫌われてしまってない??男性が困ってしまう内容とは… 18797

片思いが辛いときにやってみてほしい対処法10選 13947

ついカッとなって後悔しちゃうかも?恋人でも喧嘩中に言ってはいけないNG発言 7609

意外とやりがちかも。男性が返信する気がなくなるLINEでの発言 12943

遠くにいてもいつも一緒!遠距離恋愛中の彼と長続きさせるための10の秘訣 10595

投稿ランキング

FASHION特集

BEAUTY特集