アプリでサクサク読む♡

ニキビができる根本的な原因

ニキビを徹底的にシャットアウト!"ニキビができる根本的な原因"を理解しよう!

ニキビができる根本的な原因

ニキビができてしまう原因は様々あります。ニキビができやすい人の多くは普段の生活の中でニキビができてしまう原因があります。できてしまったニキビは日ごろの生活習慣によって治るスピードが違います。今回はニキビの根本的な原因をご紹介します。当てはまっていることがある方は注意をするようにしましょう。

 

安価なオイルクレンジングを使っている

ニキビができる根本的な原因出典:cleasing-labo.com

油分の多いクレンジングは、クレンジング剤の油分を落とす為に界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤がは肌への負担(摩擦)が大きい為、ニキビに良くないとされています。さらにクレンジングオイルの洗い残しで油分が肌に付着したままだとニキビの原因にもなるのでしっかりと洗い流しましょう。安いクレンジングオイルにはオレイン酸が多く含まれていてこれはニキビのエサになると言われています。

ニキビがあるときはクリームやミルクタイプのクレンジング剤を使うことをオススメします。ただ洗浄力が弱くなるので、ニキビができてしまったら、なるべくナチュラルメイクで済ますのがいいでしょう。

 

ファンデーションパフをほとんど洗わない

ニキビができる根本的な原因出典:mysister.blog19.fc2.com

パフ(スポンジ)を洗わないとトイレの床よりも汚いって知っていますか?

パフやスポンジはお肌の皮脂や油分を吸収します。それをそのままにしておくと、皮脂や油分をエサとする雑菌やバクテリアが増殖しやすい環境になっているのです。なので雑菌をお顔に塗っているみたいですね。

パフなどは何個かストックしておいて、1週間程度使ったら専用洗剤で洗うのがオススメです。面倒な方は100均などで2枚入りのものを、何個かストックしておくといいかもしれません。

 

あぶらとり紙で頻繁に皮脂を取る

体内から出す皮脂や油分には、お肌を細菌や乾燥から守る役目があります。多少お顔がテカっているからあぶらとり紙を使用する程度なら構いませんが、1時間おきに使用していると、お肌が乾燥してしまうのを防ぐ為にさらに皮脂をだそうとしていきます。あぶらとり紙で皮脂を拭き取る前よりも過剰に皮脂がでてしまいます。

余分な皮脂だけを取り除きたい場合は、「ティッシュオフ」してみましょう。ティッシュオフとはティッシュを1枚使い顔に軽く押し当てるだけでOKの方法です。あぶらとり紙よりも吸収力はありませんが余分な皮脂を取り除くには良いのです。

 

チョコレートや間食が多い

ニキビができる根本的な原因出典:weheartit.com

良くチョコレートを食べるとニキビができると言われています。この話は半分「正解」で、半分「不正解」です。理由としては、チョコレートの原料のカカオには、脂肪分が多く含まれています。脂肪分の取りすぎはニキビの原因とも言われています。

ただ、最近カカオに含まれる脂肪分はニキビの原因にならないと研究で判明しました。チョコレートには糖分も多く含まれていて、甘さを加える為の砂糖などの糖分がニキビに影響しているといえます。

「カカオ自体には原因はありませんが、糖分が加えられたチョコレートにはニキビの原因がある」ということですね。どうしてもチョコレートが食べたい方は、糖分がカットされた商品を選べばニキビを押さえることができますね。

 

お茶や水以外の飲み物を取り過ぎ

ニキビができる根本的な原因出典:twitter.com

これは上記のチョコレートの糖分と似ていますが、お茶や水以外の飲み物にはたくさんの砂糖が使われています。例えばペットボトルのコーラ(500ml)だと16,5個もの砂糖が使われているのです。砂糖を多く使った飲み物を飲むと血液がドロドロになって免疫バランスが崩れ、ニキビができやすくなります。

砂糖を使った飲み物を飲むぐらいなら、代謝をアップして、老廃物が排出されやすいミネラルウォーターを飲みましょう。

 

身の回りを清潔にしよう

ニキビができる根本的な原因出典:jp.pinterest.com

例えば寝具など、毎日顔に触れる場所などは清潔にしましょう。いつも同じ場所にニキビができていたら問題は寝具かもしれません。枕や布団にはダニがたくさんいて、1週間も枕カバーを変えない場合、100匹以上のダニがいると推測されます。

さらに布団の方には枕よりも多いダニが住みつきやすいので、天気が良い日はお日様に当てて、ダニを追い払いましょう。

 

睡眠不足

ニキビができる根本的な原因出典:weheartit.com

新陳代謝を活発化させる深い睡眠をとることがニキビ予防には最適です。お肌の再生が活発になる22時から2時のゴールデンタイムには眠りにつきたいところ。この時間にしっかりと睡眠をとっておくことで、肌のターンオーバーが促進されるといわれています。睡眠不足は肌荒れだけでなく、ニキビにも直結するので気をつけましょう。

 

あなたはいくつ当てはまっていましたか?

上記のしたことに関して改善をしていけばニキビを防ぐことができます。ニキビに悩んでいる方は今後の生活で改善してくようにしていきましょう♪

                 

 ランキング